オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

仙台市青葉区芋沢│歴史ある農家の建物の本棟を丸伏せ工法で施工(葺き替え工事最終日)


葺き替え工事前の棟
仙台市青葉区芋沢にて、70年以上も前に建てられた農家の建物の葺き替え工事の最終日(4日目)。本棟施工の様子をご紹介します。

屋根調査の様子はこちら→仙台市青葉区芋沢│農作業休憩所として使われていた建物の屋根の調査

前回の工事の様子はこちら→仙台市青葉区芋沢│昭和20年代に建てられた農作業休憩所の瓦桟施工から平葺きまで(葺き替え工事2~3日目)
こちらの解体前の棟は、のし瓦を積んで冠瓦を被せた5段積みの棟でしたが、のし瓦の下に詰めた粘土が剥がれ落ちて棟がズレたり、重量があることで耐震性に不安がありました。
それらの不安を解消するため、今回の工事では、より耐震性が高く、コストパフォーマンスを重視した「丸伏せ工法」で棟を施工します。

「丸伏せ工法」では、屋根と冠瓦をしっかりと強力棟金具で連結することにより、棟が一体化して安定します。また、のし瓦を積まず、鬼瓦も使用しないので、材料と工期を共に削減できますし、棟の軽量化も図れます。つまり、強力固定と軽量化でこれまでの棟よりも耐震・耐風に優れた棟となり、それを低コストで実現できるのです。

それでは、その「丸伏せ工法」での本棟施工の様子をご紹介します。
耐震補強 強力棟金具
前回までの工程で、瓦桟を施工した後で平葺きまでが完了しています。ここから本棟部分の施工となります。

まず最初に前回の工事で取り付けた耐震用の強力棟金具(黄色の丸印)に、防腐処理を施した垂木(タルキ)という木材を固定します。
垂木を強力棟に固定
強力棟金具に垂木を留め付けました。この垂木が、後から冠瓦(棟瓦とも言う)を固定するための芯材となります。
この垂木と強力棟金具が今回の「丸伏せ工法」の重要ポイントです。ここがしっかり施工されていないと丈夫な棟になりません。今回の工事の肝(きも)です!
棟のモルタル詰め
垂木(タルキ)と桟瓦の隙間をセメントで埋めていきます。この作業は、雨水の侵入を防ぐための重要な工程となります。今回、冠瓦として使用する7寸丸の半丸の形状に合わせて、カマボコのような形にきれいにコテを使ってセメントをならしていきます。
棟のモルタル詰め
左の作業を別方向から撮影しました。
この建物の棟の端は、隣の建物の軒下に繋がっている場所なので軒下に潜り込んでの作業となります。なかなかきつい体勢です。
7寸丸で棟瓦施工
セメントを詰め終えたら、その上に冠瓦を被せます。既存の棟では、のし瓦を積んだ上に冠瓦として5寸丸瓦(別名:紐丸)を使用していましたが、今回の「丸伏せ工法」では半丸の直径が2寸大きい7寸丸瓦を冠瓦として使用します。
大きな丸を被せることによって、より雨漏りしにくい棟の構造となります。
冠瓦をパッキン付ビスで固定
7寸丸瓦をステンレス製ビスで垂木にしっかりと固定します。これで、屋根板→強力棟金具→垂木→冠瓦(7寸丸)と連結する形となり、棟全体が一体化しました!
ここで使うビスには、頭にパッキンがついているのでビス穴から水が浸入する心配はありません。この部分は解体前には鬼瓦が付いていましたが、今回は巴(ともえ)を付けました。迫力はありませんが、雨仕舞の点では安心です。
棟瓦ができてきたところ
今回の工法では、のしを積まないので、以前のようにモルタルが剥がれ落ちる心配もありません。
この7寸丸の施工が終われば、葺き替え工事の全工程が完了です。
before1
70年以上前に建てられた農作業休憩所
以前の棟は5段積みの棟でした。重厚感がありますが、のし瓦の下から粘土がところどころ剥がれ落ち、棟瓦のズレの原因となっていました。
vertical
after1
本棟施工完了
葺き替え工事完了です。すっきりしたスマートな棟に仕上がりました。
解体前の棟よりもだいぶ軽量になり、大きな地震や台風が来ても安心です。

今回の「丸伏せ工法」は、耐震・耐風・軽量・高耐久でコストパフォーマンスに優れているので、古い和瓦の屋根で、棟の耐震改修や軽量化をご検討中のお客様におすすめの工法です。

このような工事の他にも、「街の屋根やさん 仙台石巻店」で、お客様がお困りの屋根の状態やご要望に合わせて、様々な修理方法をご提案させていただいております。
まずはお気軽にご相談ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市門脇町│経年劣化した瓦棒葺き屋根のカバー工法(SGL鋼板へリフォーム)

解体前
施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
S式瓦棒(SGL鋼板)一式、改質アスファルトルーフィング、貫板他
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
50万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

仙台市青葉区芋沢│築70年以上の農作業休憩所の葺き替え工事(三州陶器瓦)

70年以上前に建てられた農作業休憩所
本棟施工完了
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
防水工事
使用素材
三州陶器和瓦、改質アスファルトルーフィング、瓦桟(防腐)他
築年数
70年以上
建坪
保証
工事費用
65万円(税・足場架設費用別途)
施工事例

仙台市青葉区の既存瓦使用して耐震補強を施した屋根葺き直し工事

本棟崩れ
1階棟
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
三州陶器和瓦 7寸丸
築年数
約40年
建坪
42坪
保証
10年
工事費用
690,000円(税別・架設足場代含まず)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒葺き屋根

石巻市門脇町でのS式カバー工法での施工の様子です。前半のブログでは解体~ルーフィングまでご紹介しました。→『石巻市門脇町│築40年超の瓦棒葺き屋根をSGL鋼板でカバー工事(前半)』後半は、SGL瓦棒平葺き~吊子・キャップ取り付け~本棟施工(...........

瓦棒屋根調査

石巻市門脇町のお客様より、「強い風が吹くと屋根の上からバタバタと音がするので見てほしい」と点検・調査のご依頼がありました。こちらのお宅は、築40年くらい経過した2階建ての瓦棒葺き屋根です。40年は経ちますが、これまでに塗装工事を5回、としっ...........

瓦棒葺トタン屋根補修

石巻市泉町にて、瓦棒葺きトタン屋根の補修工事を行いました。こちらのお宅では、先日の屋根点検で、1Fトタン屋根の棟板金や軒先が錆びて穴が開き、雨漏り寸前であることが分かりました。築40年以上が経っていますが、今回が初めての屋根点検だったそうで...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778