仙台市青葉区芋沢│築70年以上経った農作業休憩所の葺き替え(1日目:解体~ルーフィング施工)


70年以上前に建てられた農作業休憩所
仙台市青葉区芋沢にて、以前こちらのブログで調査の様子をご紹介した、昔、農作業休憩所として使われていた建物の瓦葺き替え工事を行います。
本日ご紹介するのは、1日目の既存瓦と下地(瓦桟・防水シート)の解体~防水シート(改質アスファルトルーフィング)施工の様子です。

調査の様子はコチラ→仙台市青葉区芋沢│農作業休憩所として使われていた建物の屋根の調査

こちらは調査の際、お客様より築50年以上の建物だとお伺いしていましたが、詳しく調べてみるとなんと70年以上も経過していることが分かりました!
70年以上も経っているのに、いぶし瓦の実に立派な佇まいです。何の問題もないように見えますが、調査により、のし瓦下の粘土が剥がれ落ちていたり、下地の防水シートもかなり劣化して屋根板がむき出しになっている部分もあることが分かりました。一旦解体し、防水シートを張り直す必要があります。

既存瓦の解体

棟解体
まずは棟から解体していきます。棟には粘土が詰めてあるので、粘土を取り除きながら解体を進めます。
今回の工事では、お客様のご要望で既存の瓦は使わず、全て新しい三州陶器瓦で施工する予定です。
平部の解体
母屋との結合部です。
母屋は東日本大震災前の大きな地震で崩れてしまい、板金で葺き直してありますが、こちらの休憩所は無傷だったそうです。よく持ちこたえました!
既存瓦 棟部分の解体
平部の桟瓦を解体すると、屋根板に1か所穴が空いていました。こちらは後で塞ぐ必要がありますね。

下地(防水シート・瓦桟)の解体

防水シートがボロボロ
平部の桟瓦を取り除いた様子です。防水シート(当時はフェルト製)が原形をとどめず、粉々になって剥がれ落ちています。
瓦桟もところどころ折れている状態
瓦を引っ掛けていた瓦桟もところどころ折れています。よくこの状態で、今まで瓦が落ちたり、雨漏りしませんでした。まさに奇跡です。
瓦桟を解体
瓦桟を解体した後で、防水シートを取り除き、きれいに清掃します。
瓦桟解体完了
既存の瓦桟と防水シートの撤去が終わりました。70年以上も経ったとは思えないぐらい屋根板は立派です。瓦と下地に守られていたのですね。
野地板補修
瓦を解体した際に発見した穴は、手持ちの木材で塞ぎました。これより穴が大きかったり、何か所も空いていたら大工さんに頼まなければいけませんでした。
野地板補修、清掃完了
この屋根板の上に新しい防水シート(改質アスファルトルーフィング)を張り直します。

防水シート(改質アスファルトルーフィング)の施工

防水シート張り
防水シート(改質アスファルトルーフィング)を軒先から棟に向かって(水が流れる方向とは逆に)順に重ねて、タッカーと呼ばれるホッチキスのようなもので屋根板に留めていきます。この時、ただ重ねるのではなく、防水性をより高めるために上下100mm以上の重ね代(しろ)をとります。
壁際は防水シートを立ち上げる
隣の棟に繋がる壁際部分は多めに立ち上げ分を取り、雨水の侵入を防ぎます。
以前使用していたフェルト製の防水シートに比べ、今回使用した改質アスファルトルーフィングは温度変化に強く、耐久性に優れています。また釘穴シール性に優れ、タッカーの針や釘を打ち込んでも、熱で膨張して穴を塞ぐ性能も備わっています。これで2次防水の対策はバッチリです!
この日の作業はこれで終了です。
次回は、防水シートの上に瓦桟を施工し、新しい三州陶器瓦で平葺きする予定です。

次の工程はこちら→仙台市青葉区芋沢│昭和20年代に建てられた農作業休憩所の瓦桟施工から平葺きまで(葺き替え工事2~3日目)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市渡波│台風19号被害を受けたカラーベスト、雨樋、破風板金補修工事

台風で被害を受けたカラーベスト屋根
カラーベスト補修完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
屋根葺き直し
雨樋交換
雪止め設置
防水工事
台風
アパート
使用素材
改質アスファルトルーフィング、カラーベスト、雪止金具、破風板金、軒樋、他
築年数
3年
建坪
保証
工事費用
11万円(税別)
施工事例

名取市那智が丘│車庫の折半屋根の雨漏り補修(ファストフラッシュ使用)

補修前の車庫折半屋根
ファストフラッシュで補修後の折半屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
倉庫
使用素材
ファストフラッシュ(万能防水伸縮シート)
築年数
建坪
保証
工事費用
4万円(税込)
施工事例

石巻市雄勝│台風の倒木により破損した屋根の葺き直し工事

復旧工事前の破損した屋根
瓦葺き直し完了
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
改質ゴムアスファルトルーフィング、三州陶器和瓦
築年数
約35年
建坪
約70坪
保証
工事費用
24万円(税・足場架設費用別途)

同じ地域の施工事例

施工事例

仙台市青葉区芋沢│築70年以上の農作業休憩所の葺き替え工事(三州陶器瓦)

70年以上前に建てられた農作業休憩所
本棟施工完了
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
防水工事
使用素材
三州陶器和瓦、改質アスファルトルーフィング、瓦桟(防腐)他
築年数
70年以上
建坪
保証
工事費用
65万円(税・足場架設費用別途)
施工事例

仙台市青葉区の既存瓦使用して耐震補強を施した屋根葺き直し工事

本棟崩れ
1階棟
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
三州陶器和瓦 7寸丸
築年数
約40年
建坪
42坪
保証
10年
工事費用
690,000円(税別・架設足場代含まず)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガレージ(車庫)雨漏り現調

仙台市太白区柳生にて、ガレージ(車庫)の雨漏り調査に行ってまいりました。これがそのガレージですが、カーポートの奥に見える折半屋根の建物です。設置して30年ほど経っているとのことでした。以前にも雨漏りをして業者に頼んで補修工事をしたものの改善...........

葺き替え工事前の棟

仙台市青葉区芋沢にて、70年以上も前に建てられた農家の建物の葺き替え工事の最終日(4日目)。本棟施工の様子をご紹介します。屋根調査の様子はこちら→仙台市青葉区芋沢│農作業休憩所として使われていた建物の屋根の調査前回の工事の様子はこちら→仙台...........

葺き直し工事前

仙台市青葉区芋沢にて、昔、農作業休憩所として使われていた建物の葺き替え工事2日~3日目、瓦桟施工から平葺き作業の様子をご紹介します。屋根調査の様子はこちら→仙台市青葉区芋沢│農作業休憩所として使われていた建物の屋根の調査

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778