オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

石巻市門脇町│経年劣化した瓦棒葺き屋根のカバー工法(SGL鋼板へリフォーム)


工事のきっかけ

「風で2階の屋根からバタバタ音がする」と、お客様からご相談を受け、点検・調査に伺いました。
音の原因は軒先唐草の木下地の腐食でしたが、同時に屋根材が全体的に経年劣化していることも判明し、カバー工法でリフォームを行うことになりました。

石巻市 屋根補修工事,屋根カバー工事,雨樋交換 瓦棒葺き屋根カバー工事・雨樋一部交換

ビフォーアフター

before
解体前
horizontal
after
施工完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,屋根カバー工事,雨樋交換
施工期間
2日×3人
使用材料
S式瓦棒(SGL鋼板)一式、改質アスファルトルーフィング、貫板他
施工内容その他
瓦棒葺き屋根カバー工事・雨樋一部交換
築年数
約40年
保証年数
工事費用
50万円(税別・足場架設費用込み)
建坪
ハウスメーカー
ご依頼のあった石巻市門脇町K様貸家の屋根調査の様子です。

屋根調査の詳しい様子はこちら→『石巻市門脇町│風で屋根からバタバタ音がする…瓦棒屋根の点検・調査』
貫板の腐食
軒先唐草の木下地(貫板)が腐食して唐草の釘固定が利かなくなっていました。「バタバタ」鳴っていたのは浮いた唐草でした。
塗膜の剥がれ
3年前に塗装工事をしたばかりなのにもう塗膜が剥がれている箇所があちこちに見られました。
塗膜の錆
こちらは塗膜が剥がれたところが既に錆びています。鋼板自体がそろそろ寿命となり、塗装では機能を維持できない時期に来ています。
お客様には、屋根材が塗装ではもはやダメージを回復しきれない状態で、屋根材の交換が必要であることをご説明いたしました。そこで、お客様のご要望もあり、解体費用を低く抑えられるカバー工事(既存の瓦棒屋根の上から新しい瓦棒屋根材を重ねて葺く工事)を行うこととなりました。重ねる屋根材は、軽量で耐久性に優れたSGL(次世代ガルバリウム)鋼板を使用します。
カバー工法では、新しい屋根材を葺く前に、既存の屋根の上から防水シートを張りますが、既存の屋根に突起物があると障害になってしまいます。まずは障害物を取り除くところから工事スタートです。
雪止金具解体
雪止金具を解体しました。
棟包み解体
次は棟包み(棟板金)を解体します。
既存の軒先を切断
新しい軒先唐草を取り付けるために、既存の軒先部分をサンダーで切断します。
貫板交換・唐草取り付け
腐食した貫板を防腐処理済みの新しい貫板と交換し、SGL鋼板を加工した軒先唐草を取り付けました。
ルーフィング施工
既存屋根の上から、防水シート(改質アスファルトルーフィング)を張ります。
瓦棒葺き屋根の場合、屋根に凹凸があり、通常のルーフィングでは張り難いので1/2幅にカットしたルーフィングを使用しました。ルーフィングを張る目的の一番は防水のためですが、板金屋根のカバー工法の場合は既存屋根からの錆うつりを防ぐ目的もあります。
改質アスファルトルーフィングの上から、新しいSGL鋼板製の瓦棒をS式カバー工法で重ね葺きします。
瓦棒S式カバー工法とは、既存の瓦棒葺き屋根の上に新たな瓦棒を葺き上げることで意匠性を損なわないカバー工法です。 直接、本体やキャップに釘穴を開けたり傷めることなく、立ち上げを絞りこんでまとめることが出来ます。
瓦棒葺き
ルーフィングの上から新しいSGL鋼板製の瓦棒本体を仮置きします。SGL鋼板はガルバリウムのメッキ成分にマグネシウムを加えて改良したもので、耐久性が抜群の鋼板です。
通し吊子固定
瓦棒屋根の凸になっている(下地に垂木がある)箇所に通し吊子(つりこ)という部材を取り付け、ビスで垂木(たるき)に固定します。吊子を固定すると仮置きした瓦棒本体の端も挟み込んで一緒に固定する仕組みになっているので、瓦棒本体には釘穴を開ける必要がありません。
瓦棒キャップ取り付け
通し吊子を固定したらその上から瓦棒キャップで蓋をします。こうして吊子を留めたビス穴からの雨水の浸入を防ぎます。
ハゼ締め
瓦棒本体、通し吊子、瓦棒キャップを取り付けたら、ガッチャ(ハゼ締め機)という専用の機械で負荷をかけて鉸め、全てを一体化して雨仕舞を完成させます。固定もばっちりです。
小口キャップ取り付け
その凸部の軒先部分にも専用のキャップ(小口キャップ)を取り付けます。これで瓦棒の断面(小口)が見えずにすっきり仕上がります。瓦棒本体の軒先部分は丁寧に鉸めて固定しています。
平部の瓦棒施工が終わったら、今度は本棟の施工です。 棟包み(棟板金)を取り付ける前の下地として、棟のラインを挟み込むように防腐処理済みの貫板(ぬきいた)という木材を対にして固定します。貫板を
貫板と棟包み施工
防腐処理済みの貫板を棟に沿って対に固定したら、棟包みを被せ、同色のレンガ色のステンレス釘で留めつけます。棟包みの継ぎ目には、防水と固定の目的を兼ねてコーキングを打ちます。
棟包み施工完了
本棟の施工が完了しました。新しい棟包みは、瓦棒屋根材と同じSGL鋼板を棟の形に合わせて加工したものです。
雪止取付完了
後付け用の雪止金具も取り付けて落雪対策もばっちりです。
施工完了
瓦棒屋根のSGL鋼板へのカバー工事が完了しました。

【工事完了後】

棟板金取り付け完了
本棟部分です。瓦棒本体と同質・同色のSGL鋼板を加工した棟包み(棟板金)を取り付けました。
雪止金具取り付け完了
雪止金具は、屋根材と同色に塗装した後付用の雪止金具を使用しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

栗原市志波姫│トラックの接触で破損したポリカ波板屋根の補修

トラックで破損したケラバ包み
ケラバ包み板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
倉庫
使用素材
ポリカーボネート波板、ケラバ包み板金(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
5万円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

石巻市前谷地│車庫の板金屋根に後付け雪止金具取り付け(落雪対策)

雪止金具施工前
雪止金具施工後
工事内容
雪止め設置
雪害
使用素材
ニイガタ製販 後付け雪止金具(高耐食性鋼板) 23個
築年数
建坪
保証
工事費用
39,000円(税別)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

石巻市雄勝│台風の倒木により破損した屋根の葺き直し工事

復旧工事前の破損した屋根
瓦葺き直し完了
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
改質ゴムアスファルトルーフィング、三州陶器和瓦
築年数
約35年
建坪
約70坪
保証
工事費用
24万円(税・足場架設費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒葺き屋根

石巻市門脇町でのS式カバー工法での施工の様子です。前半のブログでは解体~ルーフィングまでご紹介しました。→『石巻市門脇町│築40年超の瓦棒葺き屋根をSGL鋼板でカバー工事(前半)』後半は、SGL瓦棒平葺き~吊子・キャップ取り付け~本棟施工(...........

瓦棒屋根調査

石巻市門脇町のお客様より、「強い風が吹くと屋根の上からバタバタと音がするので見てほしい」と点検・調査のご依頼がありました。こちらのお宅は、築40年くらい経過した2階建ての瓦棒葺き屋根です。40年は経ちますが、これまでに塗装工事を5回、としっ...........

瓦棒葺トタン屋根補修

石巻市泉町にて、瓦棒葺きトタン屋根の補修工事を行いました。こちらのお宅では、先日の屋根点検で、1Fトタン屋根の棟板金や軒先が錆びて穴が開き、雨漏り寸前であることが分かりました。築40年以上が経っていますが、今回が初めての屋根点検だったそうで...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778