オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柴田町槻木│劣化したコロニアル屋根のカバー工事1日目(解体~防水シート施工)


汚れのひどいコロニアル屋根
柴田町槻木にて、カバー工法によるリフォーム工事の1日目。本日は既存の雪止解体、唐草・ルーフィング(防水シート)施工を行いました。

本日の現場は、築17年ほどが経過した化粧スレート(コロニアル)の屋根のお宅になります。こちらのお客様より「強風で屋根からコロニアルの破片が落ちてくる」とのご相談があり、屋根を調査したところ、経年劣化により表面の塗膜が剥がれ、屋根材がもろくなっている状態でした。
(屋根調査について詳しくははこちら→柴田町槻木│コロニアルが落下した屋根の点検・調査
コロニアルが落下した屋根
既に屋根材が落下したり、ひび割れしている箇所も多くみられ、このままでは雨漏り等の問題が起きてしまいますので改修が必要となります。
こちらの場合ですと、塗装・葺き替え・カバー工法の3つの対応策が考えられましたが、お客様からのご要望(屋根を新しくしたい、費用を抑えたい)により、解体による費用負担の少ないカバー工法で工事を行うこととなりました。屋根材は、軽量で耐久性・耐震性・断熱性に優れ、重ね葺き工事に適したダンネツトップ4-1ワイドを使用いたします。

雪止金具解体(防水シート施工前の下地づくり)

それでは早速工事に取り掛かります。
カバー工法では、既存の屋根の上から防水シート(改質アスファルトルーフィング)を重ねて張りますが、その下準備として屋根の突起物を取り除き、全体を均一な状態に整えていきます。まずは雪止金具の撤去から行います。
既存雪止め金具
雪止金具は既存のコロニアル屋根材と一緒に取り付けてあるので、完全に取り外すことはできません。サンダーを使用して根元から切断します。
既存雪止め金具撤去
雪止金具の切断・撤去、清掃が完了。屋根がフラットな状態になり、防水シートを張る準備ができました。
棟コーナー(差し棟)
こちらの屋根は寄棟形状の屋根ですので隅棟があります。こちらの既存の隅棟は棟板金ではなく、棟コーナー(差し棟)で施工しているために今回は棟板金解体の必要はありません。
棟板金仕様の棟
この画像のように棟を棟板金で施工している場合、カバー工事ではルーフィング施工の障害になるので、棟板金とその下地の貫板とも解体する必要があります。

改修用唐草の取り付け

防水シートを張る前に、先に軒先に唐草を取り付けます。
今回の工事では雨樋は交換せずにそのまま使用しますので、カバー工事後もうまく排水できるように特殊な形状の唐草(改修用スターター)を使用します。
改修用軒先取り付け前
今回の工事ではカバー工法で新しい屋根を重ねても、屋根からの雨水がうまく既存の雨樋に落ちるよう、リフォーム専用の特殊な形状の改修用スターターを使用します。
改修用唐草取付後
改修用スターターを取り付けました。全ての軒先にも同様に取り付けます。

防水シート(粘着層付き改質アスファルトルーフィング)施工

改修用唐草を取り付けが完了したら、防水シートを施工します。
今回使用する防水シートは田島社製のタディスセルフ(粘着層付きルーフィング)です。
タディスセルフ施工
カバー工法の場合は、防水シートをステープル(ホッチキスの針のようなもの)で固定することができないので、今回使用するタディスセルフのように裏面に粘着層が全面についた改質アスファルトルーフィングを使用します。
タディスセルフ施工完了
軒先から上に向かって十分な重なりを取りながらタディスセルフを張り付けていきます。上下の重なりを100mm以上取ることで、防水性を最大限に高め、屋根板への雨水の浸入を防ぐことができます。屋根を長持ちさせる秘訣です。
タディスセルフを張り終え、防水対策は万全です。

本日の工程はここまで。次回の工程は、ダンネツトップ4-1ワイドをこの上から重ねて施工します。

工事の続きはこちら→「柴田町槻木│コロニアル屋根にダンネツトップ4-1ワイドで重ね葺き 2日目(平葺き)」

同じ工事を行った施工事例

施工事例

柴田町槻木│経年劣化したコロニアルのカバー工事・雨樋清掃

カバー工事前の劣化したコロニアル屋根
4-1ワイド施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、タディスセルフ(粘着層付き改質アスファルトルーフィング)他
築年数
17年
建坪
屋根面積103.7㎡
保証
工事費用
95万円(足場架設費用込・税別)
施工事例

東松島市矢本│カバー工法にてスーパーガルテクト施工

カバー工法施工前
カバー工法完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト、タディスセルフ(粘着層付ルーフィング)
築年数
16年
建坪
保証
工事費用
120万円(税・足場架設費用込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

柴田町槻木│経年劣化したコロニアルのカバー工事・雨樋清掃

カバー工事前の劣化したコロニアル屋根
4-1ワイド施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
防水工事
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、タディスセルフ(粘着層付き改質アスファルトルーフィング)他
築年数
17年
建坪
屋根面積103.7㎡
保証
工事費用
95万円(足場架設費用込・税別)
施工事例

柴田町│ガラス瓦採光システム(天窓)施工

ガラス瓦取り付け前
ガラス瓦取り付け完了
工事内容
天窓工事
使用素材
ガラス瓦採光システム(AGC)
築年数
40年以上
建坪
保証
工事費用
20万円(税別、大工工事別途)
施工事例

雨漏り補修工事(棟取り直し・ルーフィング貼り替え)【宮城県柴田町 貸家】

雨漏り工事(ルーフィング前)
雨漏り工事完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィング、モルタル、強力棟金具、瓦桟、垂木、江戸丸(瓦)
築年数
約20年
建坪
29坪
保証
10年
工事費用
83,000円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟包み施工

柴田町槻木でのカバー工事も最終日を迎えました。こちらのお宅では、経年劣化してしまった既存のコロニアル屋根へダンネツトップ4-1ワイド屋根材を上から重ねて葺くカバー工法で施工中です。本日で工事が全て完了となる予定です。前回までの工事で、ダンネ...........

4-1ワイドルーフ施工1面仕上がり

柴田町槻木にて、既存のコロニアル屋根へダンネツトップ4-1ワイド屋根材をカバー工法にて施工中の現場です。本日で3日目の工事となります。前回までの工事で、ダンネツトップ4-1ワイドの平部施工(平葺き)の途中まで行いました。本日は平葺きの続き~...........

タディスセルフ施工完了

柴田町槻木の現場にて、ダンネツトップ4-1ワイドの重ね葺き工事(カバー工法)の2日目、平葺きを行いました。初日の工事では、既存の雪止金具の撤去と唐草の取り付けの後、既存のコロニアル屋根の上から防水シート(改質アスファルトルーフィング)の施工...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778