オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

女川町│雨漏りの原因は、鉄釘の錆びで起きたケラバ瓦の割れでした。


宮城県女川町のお客様より「2階の屋根で雨漏りしているので、一度調べてほしい」とのご依頼があり、屋根の調査に伺いました。

こちらは陶器和瓦屋根のお宅で、築50年以上が経過しています。
早速、2階の屋根に上り調査をします。
ケラバ瓦釘割れ
2階の屋根に上ると、すぐに瓦の破損箇所を見つけました。『ケラバ』の部分です。
屋内の雨漏りの箇所とも一致するので、これが雨漏りの原因箇所だと思われます。

「ケラバ」ってどこのこと?

ケラバ、軒とは?
ケラバとは、屋根の形状が切妻や片流れの屋根において、屋根の切妻側の端部分を指します…とは言っても分かりづらいので、左のイラストをご覧ください。
赤線部分がケラバに当たります。この部分に使われる瓦を『ケラバ瓦(袖瓦)』と呼びます。

ケラバ瓦の破損
この『ケラバ』部分の瓦を近くで見ます。

なるほど、どうやら割れは、瓦桟に
瓦を留めた釘の釘穴から起こっているようです。

釘割れ瓦の例
別の現場の画像になるので瓦の色が違いますが、こちらの画像で説明いたしますと、割れた瓦の上に重なっている瓦を剥がすと…
釘割れ瓦の釘留め箇所
このように瓦桟に留めつけていた釘の辺りから割れていることが分かります。
これは地震で割れたわけでも、物がぶつかったわけでもありません。
それでは、どうしてこのように釘穴から瓦が割れてしまうのでしょう?

それは
釘自体に原因があります。
以前、瓦を瓦桟に留め付ける際に使用していた釘は、
鉄釘を用いるのが一般的でした。この鉄釘が経年により酸化して錆びてしまいます。鉄は錆びると表面が膨張してしまうので、釘穴より太くなってしまうのです。釘の膨張により釘穴に力が掛かり割れが起こります。

この現象は、30年以上前に葺かれた瓦屋根にはよく見られ、雨漏りの原因となることが多いのです。
現在、瓦の固定には、錆を起こさないステンレス製の釘やビスを使用するように改善されており、釘が錆びて瓦が割れるということはなくなりました。
瓦割れの原因となった釘穴
こちらの現場での瓦ですと、釘穴はだいたい丸印をつけた辺りかと思われます。破損した箇所から雨水が浸水し、雨漏りを起こしていたのでしょう。

しばらく屋根の点検をしていないそうなので、いつ瓦が割れたのかは不明です。
割れてから時間が経っていると下地の状態が心配です。破損した瓦を剥がして確認してみます。
ルーフィング・野地板の腐食
破損した瓦周辺の瓦を取り除くと、下地にあたるルーフィング(防水シート)だけでなく野地板も腐食していることが分かりました。浸水し始めてから結構な時間が経っていたのでしょう。この部分は屋根板の補修とルーフィングの交換が必要となりますね。

こちらのお客様には、瓦の葺き直し工事をご提案する予定です。工事内容としては、雨漏り部分の瓦を一旦解体、屋根板の一部補修・ルーフィングの張り直しをした後で瓦の葺き直し(割れた瓦は交換)を考えております。
雨漏り等でお困りの場合は、
街の屋根やさん仙台石巻店
📞0120-50-4778
まで、お気軽にご相談ください!
屋根を詳しく調査した上で、お宅の屋根に最適な工事方法をご提案いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市門脇町│経年劣化した瓦棒葺き屋根のカバー工法(SGL鋼板へリフォーム)

解体前
施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
S式瓦棒(SGL鋼板)一式、改質アスファルトルーフィング、貫板他
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
50万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒葺き屋根

石巻市門脇町でのS式カバー工法での施工の様子です。前半のブログでは解体~ルーフィングまでご紹介しました。→『石巻市門脇町│築40年超の瓦棒葺き屋根をSGL鋼板でカバー工事(前半)』後半は、SGL瓦棒平葺き~吊子・キャップ取り付け~本棟施工(...........

瓦棒屋根調査

石巻市門脇町のお客様より、「強い風が吹くと屋根の上からバタバタと音がするので見てほしい」と点検・調査のご依頼がありました。こちらのお宅は、築40年くらい経過した2階建ての瓦棒葺き屋根です。40年は経ちますが、これまでに塗装工事を5回、としっ...........

瓦棒葺トタン屋根補修

石巻市泉町にて、瓦棒葺きトタン屋根の補修工事を行いました。こちらのお宅では、先日の屋根点検で、1Fトタン屋根の棟板金や軒先が錆びて穴が開き、雨漏り寸前であることが分かりました。築40年以上が経っていますが、今回が初めての屋根点検だったそうで...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778