オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

女川町│雨漏りの原因となった袖瓦の釘割れ補修(屋根板からの一部補修・葺き直し)


女川町にて築50年以上経過したお宅の陶器和瓦屋根の雨漏り補修工事を行いました。

こちらのお宅では、2階天井からの雨漏りでお困りだとご相談を受け、屋根の点検・調査を行ったところ、
袖瓦が釘割れを起こしており、そこから侵入した雨水に長い年月をかけてさらされたことにより、防水シートや野地板などの屋根下地までが腐食していました。

雨漏り調査の様子→『女川町│雨漏りの原因は、鉄釘の錆びで起きたケラバ瓦の割れでした。』

雨漏り点検・調査の様子

ケラバ瓦破損
2階の屋根に上ってすぐに袖瓦の割れを見つけました。雨漏り箇所とも一致するので、こちらが原因と断定しました。この割れは切妻屋根の東西両側の袖瓦で発生していました。

【袖瓦(そでがわら)】
切妻屋根などの端に使用する瓦。「ケラバ瓦」とも呼ぶ。
釘穴から瓦割れ
袖瓦の割れは釘穴から起きたものです。50年以上前に使われた鉄釘が錆びて膨張し、瓦を割ってしまったのです。

瓦の釘割れについては、こちらのブログで詳しく説明しておりますのでご参考にしてください。→『女川町│雨漏りの原因は、鉄釘の錆びで起きたケラバ瓦の割れでした。』
ルーフィングと野地板腐食
破損瓦周辺の瓦を取り除いてみると、下地の防水シート(ルーフィング)のみならず、野地板まで腐食していることが分かりました。雨水が浸入してから長い年月が経過したのでしょうね。
この部分は、破損瓦の交換だけでなく、下地からの補修が必要です。

一旦、雨漏り箇所周辺の瓦を解体し、
野地板の一部補修・ルーフィングの張り直しの後、瓦の葺き直しを行うこととなりました。


【野地板】 屋根の土台となる下地の板
【防水シート】 野地板の上に設置するシート(ルーフィング)で、雨から室内を守るために大きな役割を持つ部材

屋根の構造について、詳しくはコチラでご紹介しています。→『屋根の内部の構造ってどうなっているの?』

瓦解体~屋根下地補修

瓦の解体
長い間の雨水の浸入で腐食した屋根下地部分の瓦と瓦桟を解体します。ずいぶんと傷んでますね。瓦は後で復旧するので丁寧に扱います。

野地板補修
傷んでしまった野地板を張り直しました。
ルーフィング・瓦桟施工
補修した野地板の上から防水シート(改質アスファルトルーフィングを張り、その上から瓦を引っ掛け固定するための瓦桟を取り付けました。
屋根下地補修完了
瓦桟の取り付けまで終えたら、さきほど解体した瓦を葺き戻します。陶器瓦自体は耐久性が高いので、50年以上経過してもまだまだ立派に使えるのです。

瓦の復旧作業(葺き戻し)

瓦のステンレス釘固定
瓦を瓦桟に引っ掛けたら、ステンレス釘(スクリング釘)で固定します。こちらの雨漏りの原因となった瓦割れを起こさないように瓦を留め付ける釘もだいぶ改良が進んでいます。
(詳しくは下欄参照)
袖瓦の銅線固定
袖瓦は強風や地震の影響を受けやすいので、1枚1枚ステンレス釘で留め、さらに銅線で固定して固定を強化しています。
割れていた袖瓦は新しいものと交換しました。50年前の瓦とは、釉薬や焼きの違いで多少の色の差は出てしまいますね。
ステンレス釘とスクリング釘
現在、当店で瓦の留め付けに使用している釘は、ステンレス釘(スクリング)です。画像では右側の釘です。
30年以上前に使われた
鉄釘は、錆で膨張して瓦割れを起こすので、今は使われなくなりました。
現在はステンレス製の釘が使われていますが、 地震や台風などの災害でも抜けにくいよう
スクリューにリングを加工したスクリング釘という釘を使用しています。
雨漏り修理完了
全ての瓦の葺き戻し作業と最終チェックが終わり、雨漏り修理が完了しました!
こちらのお宅のように、釘穴から割れている瓦というのは30年以上前に建てられたお宅には結構見られます。現在割れた瓦を一部補修したからといって、屋根には全面に鉄釘が使用されているので今後割れを起こす可能性が十分あります。

雨漏りが起きてしまってからではダメージも大きくなりますので、30年以上経過している屋根の場合は一度、屋根点検をしてみることをお勧めします。
街の屋根やさん仙台石巻店
 屋根の調査・点検を無料で行っております。

まで、お気軽にご相談ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

栗原市志波姫│トラックの接触で破損したポリカ波板屋根の補修

トラックで破損したケラバ包み
ケラバ包み板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
倉庫
使用素材
ポリカーボネート波板、ケラバ包み板金(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
5万円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒屋根調査

石巻市門脇町のお客様より、「強い風が吹くと屋根の上からバタバタと音がするので見てほしい」と点検・調査のご依頼がありました。こちらのお宅は、築40年くらい経過した2階建ての瓦棒葺き屋根です。40年は経ちますが、これまでに塗装工事を5回、としっ...........

瓦棒葺トタン屋根補修

石巻市泉町にて、瓦棒葺きトタン屋根の補修工事を行いました。こちらのお宅では、先日の屋根点検で、1Fトタン屋根の棟板金や軒先が錆びて穴が開き、雨漏り寸前であることが分かりました。築40年以上が経っていますが、今回が初めての屋根点検だったそうで...........

瓦棒点検現場

石巻市泉町にて、瓦棒葺きトタン屋根の点検を行いました。こちらのお宅は建ててから40年以上が経過しているものの、一度も屋根点検をしたことがないそうです。さすがに心配になって点検を依頼されたそうです。当然、今回が初めての屋根点検となります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778