石巻市日和が丘にて棟包み板金の交換工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現場状況
台風の影響で鋼板屋根の棟包み板金の一部が飛ばされた状況です。このままでは雨漏りが心配です。「古い家なので全体的に傷んでいるが、今回は部分補修で」とのご要望なので棟包み板金のみの交換工事を行います。
棟包み交換前
棟包み板金を固定している下地の木材(ヌキ板)が腐ってボロボロになっていました。
棟包み錆び
台風で飛ばされずに残っている既存の棟包み板金ですが、錆びて穴が開く寸前です。ジョイント部分(重ね部分)も変形していて隙間から雨水が棟を伝い浸入して木下地を腐食させていたと考えられます。
木下地腐食
錆びた棟包み板金を外してみました。やはり経年劣化や雨水の浸入によって木下地は腐っていて固定釘が利いていない状態でした。
下地撤去
既存の木下地を取り外しました。今回はすべて新しいのと交換します。
防腐処理済木
棟包み板金の寸法に合わせ新しい木下地をビスでしっかりと固定します。今回は防腐処理をしたヌキ板を使用しました。
棟包みコーキング
棟包み板金をかぶせステンレスのカラー釘でヌキ板に固定します。ジョイント部分は雨水の浸入防止のためコーキング処理をして接着します。
棟板金差し替え
棟包み板金の交換が終わりました。今回は応急で部分補修のみの工事でした。今後は屋根・外壁等の改修工事を検討されるとのことでした。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

お客様の声
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
強風でトタン屋根(物置棟)の棟包みの一部が吹き飛んでしまい雨漏りの懸念を感じた
街の屋根やさんをどのように探しましたか?
職業別電話帳にて探しました
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
こちらの要望を理解して直ちに聞き入れて下さったからです
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
上記と同様に即応していただいたからです
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
現場を見て適切な判断をして下さったからです。築後長年を経た古家ですので該当場所のみの工事に応じて下さりほっとしたところです。担当者の方も親切で好感の持てる方でした。ありがとうございました。

お客様の声完工後

この工事の現場ブログ

現場状況

2018/10/29/ 石巻市日和が丘にて棟包み板金の交換工事

台風の影響で鋼板屋根の棟包み板金の一部が飛ばされた状況です。このままでは雨漏りが心配です。「古い家なので全体的に傷んでいるが、今回は部分補修で」とのご要望なので棟包み板金のみの交換工事を行います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市日和が丘にて台風により棟包みが破損したため交換工事

現場状況
棟包み交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み(カラーSGL鋼板0.35mm)
築年数
築約69年
建坪
保証
工事費用
39,000(税別)
施工事例

仙台市泉区でヒビ割れた三州陶器瓦屋根の部分交換の事例

瓦 ヒビ 補修前
瓦 ヒビ 補修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
三州陶器瓦(和瓦)
築年数
約40年
建坪
40坪
保証
工事費用
2万5千円 (税別)
施工事例

雨漏り補修工事(棟取り直し・ルーフィング貼り替え)【宮城県柴田町 貸家】

雨漏り工事(ルーフィング前)
雨漏り工事完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィング、モルタル、強力棟金具、瓦桟、垂木、江戸丸(瓦)
築年数
約20年
建坪
29坪
保証
10年
工事費用
83,000円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

石巻市日和が丘にて台風により棟包みが破損したため交換工事

現場状況
棟包み交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み(カラーSGL鋼板0.35mm)
築年数
築約69年
建坪
保証
工事費用
39,000(税別)
施工事例

石巻市でセメント瓦屋根の歪んだ棟の取り直し工事

曲がった棟の施工前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
セメント瓦と漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

倒木で瓦が

 先日の日本列島をそのままなぞるように縦断していった台風ですが、台風の被害が比較的少ないとされるここ東北地方でも、かなりの被害が報告されてきました。 その中の一つで、この宮城県大崎市古川のお宅の事例をお話し致します。

降り棟ズレ

 早速、ハシゴを掛けて屋根に上ってみました。   化粧棟(降り棟)と呼ばれる棟が、本棟(写真の右側)から30センチほど軒方向にずれ下がっているのがわかります。

瓦落下しそう

 いざ、そのお宅に行ってみますと、ちょうど隣りの敷地に、そのお宅の全体を見渡せそうなマンションがありました。 マンションの管理人さんに特別に許可を頂き、マンションの階段の踊り場から、そのお宅の屋根全体を見渡したのが右の写真です。