美里町│テラス(物干し)屋根の塩ビ波板が劣化、ポリカ波板へ張り替えを提案


洗濯干し場テラス屋根
美里町のお客様より「物干し場の屋根を張り替えをしたいので見てほしい」とのご依頼がありました。
小さな工事なのでどこに連絡すればいいのか分からず困っていたところ、たまたま当方のブログで同じ美里町内でのポリカ波板固定ビス交換の記事をご覧になり、お電話くださったそうです。

こちらがご依頼のあったお宅の物干し場(テラス)の屋根になりますが、塩ビ(塩化ビニール)製の波板が使われており、設置してから28年くらい経つそうです。早速、詳しく調べてみます。
テラス屋根塩ビ波板破損
経年劣化のため塩ビ波板が壊れ、一部がなくなって穴が空いていました。色も、設置した当時は透明だったそうですが、現在は紫外線の影響を受けて変色してまいました。塩ビ波板は、紫外線や熱の影響を受けて変形・変色しやすく、劣化すると硬くなって割れやすくなる性質があります。

▽テラス屋根材に関する詳細はこちらをご参照ください。
→ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事、お任せください
塩ビ波板屋根に穴
屋根を上から見た写真です。止め具のフックも塩ビ製で、経年劣化で壊れてしまい、止め具を失った塩ビ波板が風で飛ばされてしまったようです。劣化した塩ビ製のフックは、硬化して、手で触っただけでも割れてしまうほどもろくなってしまいます。
「ベランダの屋根からバタバタ音がする」というご相談を受けて点検してみると、フックが壊れて屋根材が固定できなくなってしまっていた、という場合が実は多いのです。
調査の結果、既存の塩ビ波板を撤去して、塩ビ波板よりも強度があって耐用年数が長いポリカ波板(ポリカーボネイト波板)への張り替えをご提案することにしました。張り替えの際は、プラスチック製の固定フックは使用せずに、耐久性の高い鉄製のフックボルトを使用する予定です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市青葉区芋沢│築70年以上の農作業休憩所の葺き替え工事(三州陶器瓦)

70年以上前に建てられた農作業休憩所
本棟施工完了
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
防水工事
使用素材
三州陶器和瓦、改質アスファルトルーフィング、瓦桟(防腐)他
築年数
70年以上
建坪
保証
工事費用
65万円(税・足場架設費用別途)
施工事例

東松島市赤井│板金屋根の部分的な(塗装が剥がれた部分のみ)葺き替え工事

屋根塗装の剥がれ
板金屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
次世代ガルバリウム鋼板SGL(0.35mm) AT2段式
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
40万円(足場架設費用を除く)
施工事例

セメント瓦からガルバリウム鋼板横葺きへの葺き替え。仙台市幸町にて

厚型スレート
厚型スレートから
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板 横葺き t=0.35㎜
築年数
約35年
建坪
約32坪
保証
10年
工事費用
約90万円(架設足場設置費用を除く)

同じ地域の施工事例

施工事例

美里町でバルコニー屋根のポリカ波板の固定用ビス交換工事

ポリカ波板施工前
ポリカ小波板固定完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スライド式フックボルト(15㎜~30㎜)
築年数
建坪
保証
工事費用
¥40,000(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩ビ波板屋根に穴

美里町にて、テラス(物干し場)の塩ビ波板屋根を、耐久性の高いポリカ(ポリカーボネイト)波板へと張り替える工事を行いました。
こちらのお宅では、設置してから28年が経過した塩ビ(塩化ビニール)製の波板が、経年劣化により壊れて穴が...........

築47年のトタン屋根

仙台市若林区大和町のお客様より「強い風が吹くと、屋根がバタバタ鳴って心配なので見てほしい」とご依頼があり、早速お伺いしました。こちらは築47年の長尺瓦棒葺き屋根のお宅です。現在では板金屋根と言うと、ガルバリウムやSGL(次世代ガルバリウム)...........

葺き替え工事前の棟

仙台市青葉区芋沢にて、70年以上も前に建てられた農家の建物の葺き替え工事の最終日(4日目)。本棟施工の様子をご紹介します。屋根調査の様子はこちら→仙台市青葉区芋沢│農作業休憩所として使われていた建物の屋根の調査前回の工事の様子はこちら→仙台...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778