オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

宮城県川崎町│木の屋根材からガルバリウム鋼板屋根への葺き替え工事④本棟(棟板金)・破風・雨押え施工


ダンネツトップ4-1ワイド施工中
宮城県川崎町の別荘地にて行った天然木屋根材からダンネツトップ4-1ワイドルーフへの葺き替え工事の様子を、数回に渡りご紹介してきました。

今回は工事の仕上げとして、本棟施工(棟板金取り付け)~破風・雨押え施工の様子をご紹介します。

本棟施工(木下地~棟板金取り付け)

屋根の棟とはここ!
前回の工事でダンネツトップ4-1ワイドの平葺き(平部の屋根材施工)までが終わりました。これから、ここに本棟を施工します。

ちなみに『棟』とは、屋根の面と面が合わさる山状の接合部分のこと指します。左の画像でピンクのラインで示した部分がそれに当たります。屋根の形状にもよりますが頂上にあるものが『本棟(大棟)』となります。
『棟板金(棟包み)』とは、この棟に設置される板金のことを指します。
棟下地(貫板)取り付け
棟板金を取り付ける前に、棟のラインに沿って木下地(鼻桟・貫板)を取り付けます。
本棟の下地-貫板・鼻桟
木下地は、まず鼻桟を棟のラインを挟むように対にして取り付け、その上から貫板(ぬきいた)を同様に対にしてビス固定します。
貫板取り付け完了
貫板の取り付けが完了しました。使用する木材は全て防腐処理済みのものを使用しています。この上から棟板金を被せていきます。
棟板金施工
貫板の上から屋根材と同質のガルバリウム鋼板0.35mm厚を加工した棟板金(棟包み)を被せ、横から下地の貫板に同色のステンレス釘で留め付けます。
棟板金の継ぎ目にはコーキング
棟板金と棟板金とのジョイント部分にはコーキングを打ち(捨て打ち)、そのコーキングの上から次の板金を被せこみます。
こうすることで棟板金のズレを防ぐと同時に、板金の微細な隙間から雨水が浸入するのを防ぎます
貫板取り付け完了
棟板金取付前、貫板取り付けが終わった棟です。
本棟施工
棟板金の取り付けが完了しました。

破風板金・雨押え板金取り付け

破風板金取り付け
棟板金の施工が完了したら、今度は破風板金を取り付けます。破風は、風や雨から屋根や家全体を守る大事な役割があります。
破風板金取付完了
破風板金の取り付けが終わりました。こちらも屋根材や棟板金と同じガルバリウム鋼板を加工したものを使用しています。
今回の葺き替え工事を行っているログハウスは、出窓等があり屋根が壁にぶつかる箇所(取り合い)が存在します。取り合い部分は異素材がぶつかるので隙間ができやすく、隙間からの雨水の浸入を防ぐために雨仕舞いが重要です。そのため、この部分には何重にも防水対策を施しますが、最後に取り付けるのが「雨押え板金」と呼ばれる鋼板の部材です。
平行壁の雨押え完了
先に下地として貫板を取り付けた上から雨押え板金を取り付けます。こちらは平行壁(屋根と外壁の取り合いのうち、地面と平行になる部分)に取り付けた雨押え板金です。
流れ壁の雨押え完了
こちらは流れ壁(屋根と屋根の流れ方向に沿うように立つ壁との接合部分)。雨押えも、屋根材と同質・同色のガルバリウム鋼板を加工したものを取り付けました。
葺き替え工事完了
全ての工程が完了し、葺き替え工事完了です!
あとは足場を外してもらうだけです。
完了後のドーマー部分
ドーマー(出窓)部分です。谷の納まりもきれいに仕上がっています。
before1
葺き替え前のログハウス
葺き替え工事前のログハウスです。

天然木の屋根材が腐食したため、どんどん落下してなくなり、雨漏りの不安がありました。
horizontal
after1
葺き替え工事完工
葺き替え工事完了後のログハウスです。
高耐食・高断熱・強度に優れたダンネツトップ4-1ワイドで、もう雨漏りの心配はなくなりました。

宮城県内でも雪の多い地域ですが、8寸の急勾配屋根に雪が滑り落ちやすいガルバリウム鋼板を使用し、屋根に雪が積もりにくい仕様ですので、あえて雪止めは取り付けませんでした。

この工事の現場ブログ

宮城県川崎町の葺き替え現場

2021/02/02/ 川崎町│雨漏りが心配なログハウスの木の屋根をダンネツトップ4-1ワイドに葺き替え③

川崎町の別荘地に建つログハウスの葺き替え現場に来ています。
これまでに解体~改質アスファルトルーフィング施工までが完了しました。本日は、ダンネツトップ4-1ワイドでの唐草・谷樋取付~平葺きの様子をご紹介します。※「ダンネツトッ...........

木の屋根材が剥がれた現場

2020/12/15/ 川崎町│別荘地にて落下が著しい天然木の屋根の状態を調査

川崎町の別荘地に建つログハウスのオーナー様より、葺き替えのご相談をいただき、現在の屋根の状態を調査いたしました。築28年のログハウスで、天然木の屋根材を使用しています。4年ぐらい前から、雪と一緒に木の屋根材が落ちてくるようになったそうです。

木の屋根材が落下した現場

2021/01/21/ 川崎町│ログハウスの劣化した天然木屋根材を解体(葺き替え工事①)

川崎町の別荘地にて、ログハウスの屋根材の解体を行いました。築28年になるログハウスの屋根材には天然木が使用されており、ここ数年の間に経年劣化による腐食で屋根材が著しく落下しています。防水シートが露出している箇所も多く、いつ雨漏りしてもおかし...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

栗原市志波姫│トラックの接触で破損したポリカ波板屋根の補修

トラックで破損したケラバ包み
ケラバ包み板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
倉庫
使用素材
ポリカーボネート波板、ケラバ包み板金(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
5万円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒屋根調査

石巻市門脇町のお客様より、「強い風が吹くと屋根の上からバタバタと音がするので見てほしい」と点検・調査のご依頼がありました。こちらのお宅は、築40年くらい経過した2階建ての瓦棒葺き屋根です。40年は経ちますが、これまでに塗装工事を5回、としっ...........

瓦棒葺トタン屋根補修

石巻市泉町にて、瓦棒葺きトタン屋根の補修工事を行いました。こちらのお宅では、先日の屋根点検で、1Fトタン屋根の棟板金や軒先が錆びて穴が開き、雨漏り寸前であることが分かりました。築40年以上が経っていますが、今回が初めての屋根点検だったそうで...........

ケラバ瓦破損

女川町にて築50年以上経過したお宅の陶器和瓦屋根の雨漏り補修工事を行いました。こちらのお宅では、2階天井からの雨漏りでお困りだとご相談を受け、屋根の点検・調査を行ったところ、袖瓦が釘割れを起こしており、そこから侵入した雨水に長い年月をかけて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778