塩釜市の公営住宅で、破損したセメント瓦が廃盤品のためGL鋼板(ガルバリウム鋼板)を加工して対応


塩釜市の公営住宅で、台風による強風でセメント瓦が吹き飛ばされて破損してしまいました。
高層住宅ですが、瓦の落下でケガをする人もいなく、不幸中の幸いでした。

本日はこの現場で行ったガリバリウム鋼板での補修作業をご紹介します。
コンパネ養生
台風でセメント瓦が飛ばされた箇所です。応急処置として構造用合板(コンパネ)で養生をしました。
飛ばされたセメント瓦は、現在は製造中止となってしまった廃盤品で、同じものを用意することができません。
コンパネ養生2
また、形状が合わないので他の瓦で代用することもできません。
となると、板金等を差し込むか、全体を他の屋根材で葺き替えるかの2つの方法から選ぶことになります。
今回は予算が取れないということで、カラーGL(ガルバリウム)鋼板を現場で加工して代用することにしました。
ルーフィングに亀裂
養生した部分のコンパネを剝がしてみたところです。台風の時の強風の影響で、瓦だけでなく下地の防水シートまで破れて飛ばされています。
このままでは雨漏りしてしまいます。
粘着層付きルーフィング張り
防水シートが破損した部分は、今回、粘着層付きの防水シート(改質ゴムアスファルトルーフィング)を張りました。
差し替え完了
目立たない様に、軒先部分の瓦と交換して納め直しました。
軒先
瓦を外した軒先部分の下地を補強してカラーGL鋼板を施工していきます。
カラーガルバリウム鋼板加工
瓦の不足している部分を採寸して、ガルバリウム鋼板0.35mmの平板を採寸した形に加工していきます。
折り曲げ機で鋼板加工
折り曲げ機を使用して、平板を折り曲げて雨返しの加工をしているところです。
カラーGL鋼板で屋根材作成
雨返しがついて、ガルバリウム鋼板の屋根材が完成しました。
唐草加工
今度は、平板から軒先唐草の製作です。
2tトラックに積載できる小型万能折り曲げ機で折り曲げ加工をしていきます。
エキセンで唐草加工
2人で万能折り曲げ機を使用して、平板を唐草へと加工していきます。
唐草の端加工
折り曲げが最後までできない部分は、ツカミ(板金道具)で丁寧に仕上げます。
唐草取り付け
現場加工をした唐草を取り付けていきます。
GL鋼板加工屋根取付
唐草にGL鋼板から加工した屋根材を取り付けています。
GL鋼板加工屋根材取付完了
こちらがガルバリウム鋼板から加工した屋根材の取付完了後の写真です。
見た目はいま一つですが、屋根材としてのは機能に全く問題はありません。

廃盤瓦の補修の場合、まずは屋根全体の葺き替え工事をお勧めしておりますが、予算がない場合はこのような方法もございます。
まずは『街の屋根やさん仙台石巻店』へお気軽にご相談ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東松島市矢本│カバー工法にてスーパーガルテクト施工

カバー工法施工前
カバー工法完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト、タディスセルフ(粘着層付ルーフィング)
築年数
16年
建坪
保証
工事費用
120万円(税・足場架設費用込み)
施工事例

美里町でバルコニー屋根のポリカ波板の固定用ビス交換工事

ポリカ波板施工前
ポリカ小波板固定完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スライド式フックボルト(15㎜~30㎜)
築年数
建坪
保証
工事費用
¥40,000(税別)
施工事例

石巻市日和が丘にて台風により棟包みが破損したため交換工事

現場状況
棟包み交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み(カラーSGL鋼板0.35mm)
築年数
築約69年
建坪
保証
工事費用
39,000(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル建物外観

東松島市赤井のお客様から「屋根材の破片が落ちてくるので点検をして欲しい」とのご依頼があり、お伺いしました。

屋根塗装の剥がれ

5年前に他社で板金屋根の塗装工事を行ったという東松島市赤井の現場にお伺いしました。「屋根の塗装が剥がれてきている」とのことで早速屋根の上から見てみます。パッと見ても所どころ白くなっているのが分かりますね。

純和風の依頼者宅

石巻市広渕のお客様より「鬼瓦がズレている」とのことで屋根点検・調査の依頼がありました。東日本大震災の時は屋根瓦も落ちて来なかったので気にしていなかったそうですが、今回はご近所の方からのご指摘で気づいたそうです。早速お伺いして調べてみます。