オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柴田町槻木│経年劣化したコロニアルのカバー工事・雨樋清掃


工事のきっかけ

柴田町槻木のお客様から「強風でコロニアルの破片が落ちてきたので調べてほしい」とのご依頼があり、屋根を調査しました。調査の結果、コロニアル屋根材の落下がいくつかあり、経年劣化により屋根材の塗膜が剥がれ、割れやすくなっている状態でした。

柴田町 屋根カバー工事,防水工事 カバー工事・雨樋清掃

ビフォーアフター

before
カバー工事前の劣化したコロニアル屋根
horizontal
after
4-1ワイド施工後の屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,防水工事
施工期間
約2人×4日間
使用材料
ダンネツトップ4-1ワイド、タディスセルフ(粘着層付き改質アスファルトルーフィング)他
施工内容その他
カバー工事・雨樋清掃
築年数
17年
保証年数
工事費用
95万円(足場架設費用込・税別)
建坪
屋根面積103.7㎡
ハウスメーカー

屋根調査の様子

ご依頼のあった柴田町槻木のS様宅の調査の様子です。
屋根調査の詳しい様子はこちら→柴田町槻木│コロニアルが落下した屋根の点検・調査
カバー工事前の劣化したコロニアル屋根
こちらのお宅は築17年のコロニアル屋根です。屋根材にはところどころ苔が生えたり、退色もあり汚れが目立ちます。
コロニアルが落下した屋根
コロニアル屋根材が落下して無くなってしまった箇所がいくつかありました。
コロニアルにひび
隅棟部分の屋根材にひび割れが見られます。経年劣化が原因のようです。
コロニアル屋根材の塗膜が剥がれて割れやすくなっている状態でした。このまま放置してしまいますと屋根材の落下が危険なことはもちろん、雨漏り等の問題が起きてしまいそうですので、早急に対策が必要です。 こちらのお宅の場合ですと、塗装・葺き替え・カバー工法での3つの対応策が考えられましたが、お客様からのご要望(屋根を新しくしたい、費用を抑えたい)により、解体での費用負担の少ないカバー工法で工事を行うこととなりました。カバー工法は、既存の屋根を解体せずに上から新しい屋根材を重ねて葺くため、解体費用が抑えられます(ただし屋根下地の劣化状況や、使用されている屋根材によってはカバー工法では施工できない場合があります)。
屋根材は、軽量で耐久性・耐震性・断熱性に優れ、カバー工法に適したダンネツトップ4-1ワイドを使用いたします。

カバー工事の様子

それでは早速、工事に取り掛かります。

雪止金具の解体(ルーフィング前の下地づくり)

カバー工法では、既存の屋根の上から防水シート(改質アスファルトルーフィング)を重ねて張りますが、その下準備として屋根の突起物を取り除き、全体を均一な状態に整える必要があります。まずは雪止金具の撤去から行います。
既存雪止め金具
雪止金具は既存のコロニアル屋根材と一緒に取り付けてあるので、屋根材を解体しない場合は完全に取り外すことはできません。サンダーを使用して根元から切断します。
既存雪止め金具撤去
雪止金具の切断・撤去、清掃が完了。今回の工事での廃材はこの部分だけです。屋根がフラットな状態になり、防水シートを張る準備ができました。

改修用スターター(唐草)の取り付け

防水シートを張る前に、先に軒先に唐草を取り付けます。 今回の工事では雨樋は交換しませんので、通常の唐草を使用すると軒先が雨樋より長く出てしまい、雨水がうまく排水できなくなってしまいます。そこで、今回は特殊な形状の唐草(改修用スターター)を使用します。
改修用軒先取り付け前
カバー工法で新しい屋根を重ねても、屋根からの雨水がうまく雨樋に落ちるよう、リフォーム専用の特殊な形状の改修用スターターを使用します。
改修用唐草取付後
改修用スターターを取り付けました。全ての軒先に同様に改修用スターターを取り付けます。

タディスセルフ(粘着層付き改質アスファルトルーフィング)施工

唐草の取り付けが済んだら防水シートを施工します。今回使用する防水シートは田島社製のタディスセルフ(粘着層付きルーフィング)です。
タディスセルフ施工
カバー工法の場合は、防水シートをステープル(ホッチキスの針のようなもの)で固定することができないので、今回使用するタディスセルフのように裏面に粘着層が全面についた改質アスファルトルーフィングを使用します。
タディスセルフ施工完了
軒先から上に向かって十分な重なりを取りながらタディスセルフを張り付けていきます。上下の重なりを100mm以上取ることで、防水性を最大限に高め、屋根板への雨水の浸入を防ぐことができます。屋根を長持ちさせる秘訣です。

ダンネツトップ4-1ワイドの平部施工(平葺き)

タディスセルフ(粘着層付き改質アスファルトルーフィング)の上から、平部にダンネツトップ4-1ワイドを葺いていきます。並行してに雪止金具も取り付けます。
4-1ワイドルーフ施工
ダンネツトップ4-1ワイドを軒から順に葺いていきますが、この屋根材は、上下左右を互いにに引っ掛ける施工により、暴風雨や地震等の災害に耐えられる屋根になります。噛み合わせがしっかりしていないと防災機能を生かせません。一枚一枚慎重に噛み合わせてからAT釘で固定します。
雪止金具後付け
雪止金具も取り付けます。今回は後付け用の雪止金具を使用しているため、平葺きの後で屋根材に固定します。
4-1ワイドルーフ施工1面仕上がり
こちらのお宅の屋根は寄棟(棟について詳しくはこちら→「あなたの屋根はどの形状?」)の形状のため、隅棟の部分まで葺いたら一旦屋根材を隅棟のラインに合わせて切り落とします。
隅棟に返しつけ
切り落とした屋根材の端は、板金の専用工具で返しを付け、雨水の侵入を防ぎます。現場でのこのような細かい手作業が屋根を長持ちさせる重要なポイントです。
隅棟の軒先の処理
こちらは隅棟の一番下の部分です。この部分の屋根材は、その上の段のように切って返しを付けるのではなく、特別な処理が必要になります。まずは不要な部分を切り落とします。
隅棟軒先のハゼ折り
隅棟を挟んで両側の屋根材を重ね、雨仕舞を考慮しながら棟の形に合わせて折り込み、鉸め(かしめ)ます。この作業で平葺きは一段落です。

隅棟施工(鼻桟・貫板取り付け→棟板金固定)

平葺きの工程の中で、雨水の浸入を防ぐために板金ばさみで「返し」を付けた隅棟に木下地を施工した後、棟板金を被せます。
隅棟施工前
「返し」を付けた隅棟部分です。ここに鼻桟(はなざん)→貫板(ぬきいた)の順に木下地を取り付けます。
鼻桟取付け
まずは鼻桟(はなざん)という木材を隅棟に取り付けます。返しを付けた屋根材と屋根材の間に、隅棟のラインを挟むよう対称に取り付けます。
貫板取り付け
次に、鼻桟の上から貫板(ぬきいた)を取り付けます。こちらも鼻桟と同様、隅棟に沿って対に固定します。木材は全て防腐処理を施したものを使用しています。
棟包み施工
貫板を取り付けたら棟板金(「棟包み」とも言います)をかぶせ、同色のステンレス釘で固定します。棟板金には、4-1ワイド屋根材と同質・同色のGL鋼板を加工したものを使用しています。
隅棟施工完了
隅棟を頭頂部まで施工しました。棟板金の継ぎ目には防水と固定の目的を兼ねてコーキングを施しています。既存の方形(ほうぎょう)冠部は換気棟が設置されていたので、今回は方形冠の解体はせずに既存のまま新しい隅棟と結合させました。
隅棟の方形廻り
方形冠と棟板金の結合部もしっかりとコーキングを施し、結合部からの雨水の浸入を防ぎます。

雨樋清掃

隅棟の施工が完了したら、最後に雨樋の清掃を行います。
before1
汚れの詰まった軒樋
こちらは清掃を行う前の雨樋の様子です。雨樋に堆積した土から雑草が生えてきています。屋根の上に溜まっていた埃や土・砂等が雨水と一緒に雨樋に流れ落ち、落し口まで流しきれずに少しずつ溜まってくるとこのような状態になってしまいます。
horizontal
after1
汚れを取り除いた後の雨樋
雨樋清掃を行った後です。キレイに汚れを取り除きました。このような雨樋の詰まりを放置してしまうと、雨水がうまく排出できず、思わぬところから建物に雨水が浸入してしまったり、重みで雨樋や屋根自体が歪んでしまったりすることもあります。

【工事完了後】

カバー工事完了
ダンネツトップ4-1ワイドのカバー工事と雨樋清掃が終わり、こちらのお宅の屋根工事は全て完了しました。
雨樋清掃後
雨樋清掃をして雨樋もきれいになりました。雨樋の汚れを除いた後は、水を流し、排水に問題がないかをチェックしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東松島市矢本│カバー工法にてスーパーガルテクト施工

カバー工法施工前
カバー工法完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト、タディスセルフ(粘着層付ルーフィング)
築年数
16年
建坪
保証
工事費用
120万円(税・足場架設費用込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

柴田町│ガラス瓦採光システム(天窓)施工

ガラス瓦取り付け前
ガラス瓦取り付け完了
工事内容
天窓工事
使用素材
ガラス瓦採光システム(AGC)
築年数
40年以上
建坪
保証
工事費用
20万円(税別、大工工事別途)
施工事例

雨漏り補修工事(棟取り直し・ルーフィング貼り替え)【宮城県柴田町 貸家】

雨漏り工事(ルーフィング前)
雨漏り工事完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィング、モルタル、強力棟金具、瓦桟、垂木、江戸丸(瓦)
築年数
約20年
建坪
29坪
保証
10年
工事費用
83,000円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟包み施工

柴田町槻木でのカバー工事も最終日を迎えました。こちらのお宅では、経年劣化してしまった既存のコロニアル屋根へダンネツトップ4-1ワイド屋根材を上から重ねて葺くカバー工法で施工中です。本日で工事が全て完了となる予定です。前回までの工事で、ダンネ...........

4-1ワイドルーフ施工1面仕上がり

柴田町槻木にて、既存のコロニアル屋根へダンネツトップ4-1ワイド屋根材をカバー工法にて施工中の現場です。本日で3日目の工事となります。前回までの工事で、ダンネツトップ4-1ワイドの平部施工(平葺き)の途中まで行いました。本日は平葺きの続き~...........

タディスセルフ施工完了

柴田町槻木の現場にて、ダンネツトップ4-1ワイドの重ね葺き工事(カバー工法)の2日目、平葺きを行いました。初日の工事では、既存の雪止金具の撤去と唐草の取り付けの後、既存のコロニアル屋根の上から防水シート(改質アスファルトルーフィング)の施工...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778