セメント瓦からガルバリウム鋼板横葺きへの葺き替え。仙台市幸町にて

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

工事のきっかけ

仙台市宮城野区幸町で、最近、雨漏りする箇所が複数に増えてきて、落ちてくる水の量も増えてきたという相談を受け、部分的な補修ではまた違う箇所からの雨漏りを防ぎきれないということで、葺き替え工事をお勧め致しました。

仙台市宮城野区 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
厚型スレート
horizontal
after
厚型スレートから

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
1週間
使用材料
ガルバリウム鋼板 横葺き t=0.35㎜
施工内容その他
築年数
約35年
保証年数
10年
工事費用
約90万円(架設足場設置費用を除く)
建坪
約32坪
厚型スレート
厚型スレートと呼ばれるセメント系の平板瓦の屋根です。

(もちろん、現在は製造されておりません。もう30年以上も前に製造しているメーカーはなくなってしまい、瓦自体がないので、瓦の割れの差し替え交換などが非常に困難です。)

この宮城野区幸町のT様邸では、今まではときどき1ヶ所から微量の雨漏りがする程度でしたが、最近ではいろいろな箇所から(水の量も多くなって)雨漏りがするようになったとの相談を受けました。
早速、現地の調査をし、その結果、
部分的な補修だけでは雨漏りを防ぐことは難しいとの説明をT様にさせて頂きました。

「それでは葺き替えの見積りをお願いします」
と、T様よりお言葉を頂き、
この際、どうせ葺き替えをするのだったら、瓦ではなく軽量の屋根材でとのご要望もいただきました。

2通りのガルバリウム鋼板での葺き替えの見積りを作成し、見て頂き、横葺きでの葺き替え工事をすんなりと決めて頂きました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区でヒビ割れた三州陶器瓦屋根の部分交換の事例

瓦 ヒビ 補修前
瓦 ヒビ 補修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
三州陶器瓦(和瓦)
築年数
約40年
建坪
40坪
保証
工事費用
2万5千円 (税別)
施工事例

涌谷町江合川の地震で破損した塀屋根瓦補修工事

塀屋根施工前
塀屋根施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
瓦(和型)
築年数
建坪
保証
10年
工事費用