オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

仙台市太白区柳生│ガレージ折半屋根の雨漏り調査


ガレージ(車庫)雨漏り現調
仙台市太白区柳生にて、ガレージ(車庫)の雨漏り調査に行ってまいりました。

これがそのガレージですが、カーポートの奥に見える折半屋根の建物です。設置して30年ほど経っているとのことでした。

以前にも雨漏りをして業者に頼んで補修工事をしたものの改善できず、お客様ご自身で屋根の下からアルミ製のテープを貼る等して今まで凌いできたそうです。
ファストフラッシュ雨漏り補修のブログ
こちらのお客様は、以前掲載した当社のブログをご覧になり、お電話くださったそうです。
お客様が参考にしていただいたブログはこちらです。→『名取市那智が丘│車庫の雨漏りをファストフラッシュで補修』

お客様のご要望では、葺き替え工事をせずにコストを最小限に抑え、できればブログと同じ雨漏り補修(ファストフラッシュでの補修)をしてほしい、とのこと。
同じ工事で対応できるかどうか、まずは調査してみないことには分かりません。早速調査を始めます。
アルミテープでの補修箇所
まずはガレージの中に入らせていただき、屋根の下から雨漏り箇所の状態を確認します。
銀色に光って見えるところは、雨漏りの酷さに耐えかねて、お客様ご自身がホームセンターから購入したアルミ製のテープで補修を行った箇所です。
アルミテープで雨漏りを補修したところ
ところどころサビが見えます。
アルミ製のテープを貼ったところに近づいてみますと、貼った箇所からもサビが滲み出てきているのが分かります。
雨漏り箇所折板屋根調査
今度は屋根に上って、上からの調査です。
雨漏りコーキング補修
こちらは折半屋根のつなぎ目です。どうやらここから雨漏りしていたようです。だいぶ前からの雨漏りのようで、コーキングやアルミテープで補修した跡があります。
ボルトの錆び
折半屋根を結合しているボルトの部分をアップにしました。ボルト自体のサビがだいぶひどくなっています。
アルミテープ剥がれ
アルミテープやコーキングで補修した部分をよく見てみますと、アルミテープが剥がれてきています。
雨漏り補修箇所のつなぎ目の錆び
こちらは錆びた箇所にアルミテープを貼って補修した部分ですが、錆が大きくなってきています。補修した箇所に小さな段差ができてしまい、水が溜まってサビの原因になってしまっています。
補修跡のコーキングの剥がれ
こちらはコーキング補修した部分ですが、コーキングが劣化して剥がれてきています。こちらも同じように補修した箇所に厚みができてしまい水が溜まっています。
今回の雨漏り調査で、お客様がご覧になったブログの現場とほぼ同じような原因で雨漏りしていることが分かりました。

ファストフラッシュを接着する面はフラットでなくては効果が発揮できませんので、ファストフラッシュを施工する前にコーキングやアルミテープをきれいに取り除く必要はありますが、お客様のご要望通り、ファストフラッシュでの補修工事は可能です。
後日、ファストフラッシュを使用した雨漏り補修工事のお見積りをご提案させていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

栗原市志波姫│トラックの接触で破損したポリカ波板屋根の補修

トラックで破損したケラバ包み
ケラバ包み板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
倉庫
使用素材
ポリカーボネート波板、ケラバ包み板金(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
5万円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

仙台市太白区西中田│台風の被害を受けた雨樋の部分的補修工事

竪樋外れ 施工前
雨樋交換完了後
工事内容
雨樋交換
火災保険
台風
使用素材
竪樋丸60、デンデン(竪樋固定金具)、銅線他
築年数
34年
建坪
保証
工事費用
49,000円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ瓦釘割れ

宮城県女川町のお客様より「2階の屋根で雨漏りしているので、一度調べてほしい」とのご依頼があり、屋根の調査に伺いました。こちらは陶器和瓦屋根のお宅で、築50年以上が経過しています。早速、2階の屋根に上り調査をします。

木の屋根材が剥がれた現場

川崎町の別荘地に建つログハウスのオーナー様より、葺き替えのご相談をいただき、現在の屋根の状態を調査いたしました。築28年のログハウスで、天然木の屋根材を使用しています。4年ぐらい前から、雪と一緒に木の屋根材が落ちてくるようになったそうです。

トラックの接触で破損

大衡村にて、配送トラックの接触により破損してしまった瓦棒屋根の補修工事の後半です。後半の工事では瓦棒カバー工事、雨樋・破風板金の取り付けなど、板金工事中心に行います。前半の工事の様子→「大衡村│保険会社からの依頼で、トラックの物損事故で破損...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778