オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

女川町│棟の面戸漆喰の詰め直しとシーリング補強工事


女川町のお客様からのご依頼で、棟の面戸漆喰詰め直しとシーリング補強の工事を行いました。

「面戸漆喰(めんどしっくい)」とは?

面戸漆喰について
面戸とは、建材と建材の間にできた隙間、またはその隙間を塞ぐための部材のことです。面戸で隙間に蓋をすることにより、雨風の吹き込みや鳥・虫の侵入を防ぎます。棟・軒先などに面戸を使用するのが一般的となっていますが材質は様々です。
その中でも「面戸漆喰(めんどしっくい)」とは、棟ののし瓦と桟瓦の間にできる隙間を埋めるため、また棟の土台となる葺き土を保護するために覆い隠すよう塗られる漆喰のことを指します。
この漆喰が劣化して剥がれてしまうと、雨漏りの原因となるのはもちろん、むき出しになった中の土が雨風の影響で崩れ、棟の歪みや落下に繋がります。

面戸漆喰の剥がれ
ご依頼のあったお宅の棟面戸です。こちらは築38年ほどの陶器和瓦のお宅ですが、経年劣化により一部の面戸漆喰が剥がれ、中の葺き土がむき出しになっている状態です。葺き土が漏れ出ている箇所もあります。
棟面戸のしっくい剥がれ
隅棟部分の棟面戸です。こちらも漆喰が剥がれ、葺き土が見えています。幸い瓦がズレたり、棟が歪んだりなど、棟瓦の取り直し工事が必要なほど重症ではないので、漆喰の詰め直しとシーリング補強で対応します。

面戸漆喰詰め直し、シーリング補強

面戸漆喰詰め直し
それでは早速、面戸漆喰が剥がれ落ちた部分に、漆喰を詰め直していきます。厚く塗りすぎるとかえって雨仕舞が悪くなり、雨漏りの原因になりかねないので調整が必要です。
棟の面戸漆喰詰め直し
棟の面戸漆喰の詰め直しが完了しました。これで雨漏りや、葺き土が崩れる心配はありません。
面戸の隙間にシーリング充填
漆喰が剥がれていない部分も、漆喰が痩せてきているので隙間にシーリング材を充填して補強します。
面戸漆喰のコーキング補強
本棟部分のシーリング補強が終わりました。
隅棟の面戸補強
隅棟の面戸もシーリングでばっちり補強完了です。

屋根廻りの点検(仕上げ)

煙突のあるお宅
このお宅の屋根には煙突があります。煙突廻りや天窓廻り等は雨漏りしやすいため、念のため点検をします。

雨仕舞(あまじまい)には問題はなさそうです。
煙突と屋根の取り合い
屋根と煙突の取り合いにちょっと気になるところを見つけました。
煙突の壁際から藁?
煙突の付け根の部分に枯草らしきものが見えます。近くに寄ってみます。これは…
煙突の壁際にスズメの巣
やはりスズメの巣でした。

このゴミを放っておくと、雨水が入ってきたときにオーバーフローを起こして雨漏りの原因となるので、取り除いておきます。
今回のお宅では、漆喰の崩れや剥がれなどの劣化が早い段階で見つかり、初期対応できたので、最小限の修繕で済みました。
これが、棟の葺き土が崩れ、棟自体が崩れたり歪んだりしてしまったり、雨漏りが酷くなってしまうと、棟の取り直し工事等の大工事に繋がってしまいます。

定期的に点検すると安心な部分です。
街の屋根やさんは屋根の点検を無料で行っております。お気軽にお申し付けください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市門脇町│経年劣化した瓦棒葺き屋根のカバー工法(SGL鋼板へリフォーム)

解体前
施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
S式瓦棒(SGL鋼板)一式、改質アスファルトルーフィング、貫板他
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
50万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒解体完了

石巻市元倉の瓦棒の葺き替えを施工中の現場にて、野地板の増し張りを行いました。東日本大震災で被災したこちらのお宅は、被災後10年が経ち屋根全体の傷みが激しいため、既存のトタン瓦棒を解体後、SGL鋼板(次世代ガルバリウム鋼板)の瓦棒へ葺き替えを...........

瓦棒葺き屋根

石巻市門脇町でのS式カバー工法での施工の様子です。前半のブログでは解体~ルーフィングまでご紹介しました。→『石巻市門脇町│築40年超の瓦棒葺き屋根をSGL鋼板でカバー工事(前半)』後半は、SGL瓦棒平葺き~吊子・キャップ取り付け~本棟施工(...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778