オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

南三陸町│雨漏り調査(強風による瓦のズレと防水シートの破損が雨漏りの原因)


本日は、南三陸町のお客様より雨漏り調査のご依頼を受け、お伺いしました。
雨漏り調査の現場
こちらがご相談のあったお宅です。

漁港を見下ろす小高い丘への坂の途中にあります。
屋根材は陶器和瓦を使用しています。

早速、屋根に上って雨漏りの原因を突き止めるべく調査を行います。
強風でズレた瓦
雨漏りが起きている部分の屋根を見ると、瓦がズレていることがすぐ分かりました。こちらのお宅は海のそばの小高い場所にあり、海風が吹き付ける立地です。恐らく台風の強風を受けてズレてしまったのでしょう。
釘留めされていない瓦
瓦を施工した当時の工法では瓦桟に瓦を引っ掛けるだけで、現在のように釘で瓦を固定していませんでした。強い風をまともに受けてしまったり、地震の強い揺れが原因で浮き上がったり、ズレてしまうことがあります。
瓦を剥がして下地の確認
ズレている瓦の一部を剥がして下地に問題がないか確認してみます。2次防水の役目を果たす防水シートの状態が良好であれば、多少瓦がズレたとしても雨漏りは防げるはずです。
ルーフィングに亀裂
防水シート(ルーフィング材)に亀裂が入っています。瓦がズレた箇所から雨水が入り込み、防水シートが破れていたため浸水してしまい、雨漏りを起こしてしまったようです。
ルーフィングの破れ
瓦を剥がした部分だけでも、防水シートの亀裂は数か所ありました。恐らく経年劣化が原因でしょう。

このままですと野地板の腐食も心配です。早急に防水シートを交換する必要があります。
こちらの屋根の雨漏りを解決するには、まずは何より陶器瓦を解体して防水シートを交換する必要があります。 瓦はさすがメンテナンスフリーを謳う陶器瓦だけあって、まだまだ使える状態ですので再利用が可能です。

既存の瓦を解体→瓦桟・防水シートの交換→既存瓦を葺き戻し、という工事のご提案を考えております。既存瓦を葺く際には、強風で瓦がズレないように、瓦桟に瓦をステンレス釘で固定する工法で施工します。


こちらの工事の様子→『南三陸町│雨漏りした屋根を既存瓦の再利用で葺き直し工事』

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

栗原市志波姫│トラックの接触で破損したポリカ波板屋根の補修

トラックで破損したケラバ包み
ケラバ包み板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
倉庫
使用素材
ポリカーボネート波板、ケラバ包み板金(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
5万円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ瓦釘割れ

宮城県女川町のお客様より「2階の屋根で雨漏りしているので、一度調べてほしい」とのご依頼があり、屋根の調査に伺いました。こちらは陶器和瓦屋根のお宅で、築50年以上が経過しています。早速、2階の屋根に上り調査をします。

木の屋根材が剥がれた現場

川崎町の別荘地に建つログハウスのオーナー様より、葺き替えのご相談をいただき、現在の屋根の状態を調査いたしました。築28年のログハウスで、天然木の屋根材を使用しています。4年ぐらい前から、雪と一緒に木の屋根材が落ちてくるようになったそうです。

トラックの接触で破損

大衡村にて、配送トラックの接触により破損してしまった瓦棒屋根の補修工事の後半です。後半の工事では瓦棒カバー工事、雨樋・破風板金の取り付けなど、板金工事中心に行います。前半の工事の様子→「大衡村│保険会社からの依頼で、トラックの物損事故で破損...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778