石巻市小船越│たった1枚割れた瓦が原因で雨漏り発生、葺き直しする事態に!


大きく歪んだ天井
石巻市小船越にて、雨漏りでお困りのお宅へ調査へ伺いました。
築21年、陶器平板瓦の屋根のお宅です。

外から見る限り、瓦が1枚だけ破損している状況でしたが、建物の中を見せていただくと、天井が大きくたわみ、かなりの水を吸っていることが分かります。

どうやら、瓦が割れてからだいぶ年数が経過し、長い時間をかけて浸水してしまったようです。

屋根に上って、さらに詳しく調べてみます。
瓦破損
これが問題の瓦です。
破損しているのは本当にこれ一枚だけです。
破損した瓦
破損した瓦を外して、下地の状態をチェックします。
瓦を剥がした部分の瓦桟状況
侵入した雨水で、瓦桟が腐っていました。天井の状態から、雨水の影響は広範囲に及ぶことが予想されます。
範囲を広げて瓦を外し調べてみます。

※瓦桟…引っ掛け桟工法で、瓦を引っ掛けて固定するために野地板の上に打ち付ける木材または樹脂
腐った瓦桟
予想通り、割れた瓦の周辺は広い範囲で瓦桟が腐っていました。
他の瓦がズレ落ちなかったのが不思議ほど危険な状態に陥っています。
腐った瓦桟と外れかけた雪止金具
このような状態では、下地からの葺き直し工事が必要です。
下地の解体
腐った瓦桟と、そこに固定してある雪止金具を解体していきます。
瓦桟撤去
既存の瓦桟の撤去が終わり、屋根を清掃します。
ルーフィング張り
元の下地の上に、防水性を高めるために、新しい改質アスファルトルーフィングを貼っていきます。
雨の侵入を防ぐために上下100mm以上重ねて貼ります。
瓦桟打ち
ルーフィングを貼った上から、防腐処理を施した新品の瓦桟を取りつけます。
軒先瓦固定
軒先から順に、新しく取り付けた瓦桟に既存の瓦を引っ掛けてステンレス釘で固定します。
ステンレス釘は、鉄釘のように錆びて瓦割れの原因になる心配はありません。
雪止め固定
先ほど外した雪止金具も瓦と一緒に固定します。
瓦葺き完了
葺き直し工事が完了しました!
足場設置
今回の現場では、たった1枚の瓦の破損から年月が経ってしまったことで大きな損傷になってしまいました。
定期的な点検で早く割れに気づいていれば、瓦数枚の交換で済んだかもしれませんが、今回は足場架設も含めると20万を超える工事となりました。 

このような事態を防ぐためにも、定期的な点検をお勧めいたします。
街の屋根やさんは点検・見積は無料ですので、お気軽にご相談ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市青葉区の既存瓦使用して耐震補強を施した屋根葺き直し工事

本棟崩れ
1階棟
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
三州陶器和瓦 7寸丸
築年数
約40年
建坪
42坪
保証
10年
工事費用
690,000円(税別・架設足場代含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

石巻市日和が丘にて台風により棟包みが破損したため交換工事

現場状況
棟包み交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み(カラーSGL鋼板0.35mm)
築年数
築約69年
建坪
保証
工事費用
39,000(税別)
施工事例

石巻市でセメント瓦屋根の歪んだ棟の取り直し工事

曲がった棟の施工前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
セメント瓦と漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

倒木による瓦破損

先週末、日本列島は台風15号の強風による傷跡が残る中、台風19号による暴風雨に見舞われました。台風19号では、豪雨により各地の河川で堤防が決壊、土石流や崖崩れ等の土砂災害も相次ぎ発生し、甚大な被害が発生しました。被害に遭われた皆様には心より...........

唐草撤去後の下地部分

石巻市須江のお客様より、「台風が来る前に雨漏りをなんとかしてほしい」との依頼があり、急いで調査へ向かいました。雨漏りの疑いのある板金屋根と瓦屋根の取り合い部分の瓦を解体し調査したところ、軒先の万十唐草瓦が釘割れを起こしていました。割れた個所...........

三州陶器和瓦屋根

今日は、石巻市中里のお客様様から雨漏りしているので見てほしいと依頼があり現地調査に伺いました。築38年の家で1階屋根が長尺瓦棒葺きで2階屋根が三州陶器和瓦葺きのお宅です。東日本大震災の時はなんともなかったのですが、最近になって2階屋根から雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778