石巻市鹿又より雨漏りの原因調査│錆びた鉄釘が膨張して瓦を割ったことが原因


石巻市鹿又のお客様より、2階の天井裏にシミがある、とのことで雨漏り調査のご依頼があり、早速現地調査にお伺いしました。
三州陶器和瓦のお宅です。

調査の様子をご紹介させていただきます。
天井の雨漏り
お宅の中を見せていただきました。
2階廊下の天井です。大きくシミができています。
天井の雨漏りが酷いところ
こちらはかなりの雨水が侵入したようで、シミの範囲が大きく、酷い状態です。
天井の雨漏りが酷いところ
天袋をのぞいて見ると、侵入した雨水によりベニヤ板がボロボロになっていました。
こちらでは2階が子供部屋になっており、お子様が大学進学をしてから3年くらい使っていないそうです。
久しぶりに2階に上がって見たらこのようなシミが天井にできているのを発見し、慌てて当社にご連絡されたそうです。
どのくらい前からこの状態になっていたのかも分からないとのことでした。

次は屋根の上から調べてみます。
雪止め瓦の釘割れ
天井にシミができていた上の部分の雪止瓦が割れていました!
瓦を固定していた鉄釘が錆びて膨張し、瓦を割ってしまったようです。
瓦釘割れ
釘割れを起こし、瓦が割れているのがはっきりとわかります。
このようなところが10か所以上もありました。
IMG_1864_R-columns3-overlay
瓦が割れたところから雨水が侵入しています。
現在は、ステンレス釘で瓦を固定するのが標準施工となっているので錆の心配はありません。
しかし、20~30年くらい前は鉄釘を使用するのが一般的で、最近になって雨漏りの原因となることが多いのです。
釘割れ応急処置
このままにしておくのは心配ですが、今回は替えの瓦を持参していなかったので、急遽、養生テープで応急処置しました。
釘割れ応急処置
後日改めて新しい瓦を持参し、釘割れを起こしている瓦の交換をする予定です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東松島市矢本│カバー工法にてスーパーガルテクト施工

カバー工法施工前
カバー工法完了
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト、タディスセルフ(粘着層付ルーフィング)
築年数
16年
建坪
保証
工事費用
120万円(税・足場架設費用込み)
施工事例

美里町でバルコニー屋根のポリカ波板の固定用ビス交換工事

ポリカ波板施工前
ポリカ小波板固定完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スライド式フックボルト(15㎜~30㎜)
築年数
建坪
保証
工事費用
¥40,000(税別)
施工事例

石巻市日和が丘にて台風により棟包みが破損したため交換工事

現場状況
棟包み交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み(カラーSGL鋼板0.35mm)
築年数
築約69年
建坪
保証
工事費用
39,000(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル建物外観

東松島市赤井のお客様から「屋根材の破片が落ちてくるので点検をして欲しい」とのご依頼があり、お伺いしました。

屋根塗装の剥がれ

5年前に他社で板金屋根の塗装工事を行ったという東松島市赤井の現場にお伺いしました。「屋根の塗装が剥がれてきている」とのことで早速屋根の上から見てみます。パッと見ても所どころ白くなっているのが分かりますね。

純和風の依頼者宅

石巻市広渕のお客様より「鬼瓦がズレている」とのことで屋根点検・調査の依頼がありました。東日本大震災の時は屋根瓦も落ちて来なかったので気にしていなかったそうですが、今回はご近所の方からのご指摘で気づいたそうです。早速お伺いして調べてみます。