オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩沼市│コロニアル屋根に4-1ワイドで重ね葺き工事(1日目・ルーフィング張り)


築34年のコロニアル屋根が劣化
岩沼市の築34年のコロニアル屋根のお客様より、先日「コロニアル屋根材が落ちてくる」とご相談を受けて調査を行い、ご提案したところ、4-1ルーフワイドで重ね葺き工事(カバー工法)を施工することになり、本日1日目の工事を行いました。

屋根の調査の様子はこちら→岩沼市│コロニアル屋根と破風板金の劣化で4-1ワイドでの重ね葺き(カバー工法)をご提案

本日は、既存の棟板金・棟の木下地・雪止金具・軒先唐草の撤去から始め、粘着層付ルーフィングの張り付け、新しい唐草を取り付けるところまでの工程となります。
コロニアル棟板金解体前
重ね葺き工事(屋根カバー工事)では、防水シートを全面に貼るために、まず屋根面を均一にするところからスタートします。最初に棟板金を解体します。
雪止金具撤去
画像の赤い丸印を付けた個所は雪止金具が設置されていた箇所です。こちらの雪止金具はサンダーを使って根元から切断します。
コロニアル棟板金木下地腐れ
棟板金を解体した後の木下地の状態です。貫板(木下地)もずいぶん腐食しているのが分かります。こちらも撤去します。
棟板金 木下地解体
棟板金、木下地の撤去が終わりました。
軒先唐草の撤去
次は軒先唐草の解体です。画像はありませんが、劣化した雨樋も新しいものと交換する予定なので一緒に解体しています。
軒先コロニアル解体
軒先唐草の解体が終わりました。
後は屋根の上を清掃して、解体は完了です。
雪止金具や役物の撤去が完了し、清掃が終わってきれいになったところで、次は防水シートの施工です。
既存のコロニアル屋根材の上に、粘着層付きルーフィング(田島社製 タディスセルフ)を張ります。
粘着層付きルーフィング張り
粘着層付きルーフィングとは、改質アスファルトルーフィングの裏面に粘着層が全面についている部材です。
カバー工法の場合、防水シートをステープル(針)で固定することができないのでこちらを使用します。
粘着層付きルーフィング張り職人
軒先から上に向かって少しずつ重ねながら防水シートを張り付けていきますが、その際は100mm以上の重なりを取ります。こうすることで防水シートの防水性をより高めることができ、雨漏りを防ぎ、屋根を長持ちさせます。
粘着層付きルーフィング張り完了
防水シートの張り付けが終わりました。これで雨水は全てシャットアウトされるので安心です。
軒先唐草取り付け板金職人
粘着層付きルーフィングの施工が完了したら、次は軒先唐草の取り付けです。
軒先唐草のジョイント部にコーキング
軒先唐草のジョイントの部分にはコーキングを施し、雨水の侵入を防ぎます。
軒先唐草取り付け完了
軒先唐草の取り付けが完了し、本日の工程は終了です。
本日は、2人で予定通りの作業を1日で終えることができました。
 次回は、ダンネツトップ4-1ワイド屋根材を2階へ荷上げするところからスタートして、4-1ワイドを施工します。

2日目の現場ブログはコチラ→岩沼市│カバー工法2日目(ダンネツトップ4-1ワイド荷上げ~平葺)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市泉区鶴ヶ丘│錆びて穴が開いてしまった板金屋根の葺き替え工事(ダンネツトップ4-1ワイド)と雨樋交換工事

既存板金屋根解体
4-1ワイド葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ダンネツトップ4-1ワイド、改質アスファルトルーフィング、貫板、アイアン丸60(竪樋)他
築年数
37年
建坪
保証
工事費用
107万円(税別・足場架設費用込み)
施工事例

石巻市│強風で傘が飛ばされた酒造工場の煙突を撤去

傘が飛ばされた煙突
煙突撤去工事完了
工事内容
屋根補修工事
防水工事
その他の工事
工場
使用素材
構造用合板、改質アスファルトルーフィング、耐摩カラーSGL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
56,000円(税別)
施工事例

栗原市志波姫│トラックの接触で破損したポリカ波板屋根の補修

トラックで破損したケラバ包み
ケラバ包み板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
倉庫
使用素材
ポリカーボネート波板、ケラバ包み板金(SGL)
築年数
建坪
保証
工事費用
5万円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

岩沼市│貸家 外壁クラック(亀裂)のコーキング工事

変性シリコーン注入前
変成シリコーン注入後
工事内容
防水工事
外壁塗装
アパート・ビルなどの外装リフォーム
使用素材
変成シリコーン
築年数
32年
建坪
保証
工事費用
8万円(税別)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え現場のログハウス

川崎町の葺き替え工事現場でのルーフィング施工の様子をご紹介します。

木の屋根材が落下した現場

川崎町の別荘地にて、ログハウスの屋根材の解体を行いました。築28年になるログハウスの屋根材には天然木が使用されており、ここ数年の間に経年劣化による腐食で屋根材が著しく落下しています。防水シートが露出している箇所も多く、いつ雨漏りしてもおかし...........

ケラバ瓦釘割れ

宮城県女川町のお客様より「2階の屋根で雨漏りしているので、一度調べてほしい」とのご依頼があり、屋根の調査に伺いました。こちらは陶器和瓦屋根のお宅で、築50年以上が経過しています。早速、2階の屋根に上り調査をします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778