雨樋がゆがみ、変形、蛇行している。交換補修工事。仙台市太白区。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

雨樋廃番
 「北側の雨樋が雨が降ると雨水が受けきれずにあふれ、ビチャビチャと地面に雨水が打ちつけられて泥が跳ねている」
との相談があり、どのような状態なのか現地調査に伺って参りました。
 
雨樋廃番
 お庭廻り、周囲の状況を確認してから、雨樋を全体的に診てみました。
 やはり雨樋(軒樋)が全体的に外側に向いて、歪んでおり、特にひどい箇所が北側の1、2階の軒樋でした。
 今年の多かった台風等の影響ではなく、長年の雪害によるものです。
 北側の軒樋に関しては、雨樋の役割をなしていない状況でした。
 お客様もおっしゃっておりましたが、地盤的に北側に水がたまりやすくなっており、お邪魔した時にも地面がビシャビシャ状態でした。
雨樋廃番
 さて、この雨樋ですが、N4といわれるナショナル社製(現社名 Panasonic)の商品で、20年以上も前に廃番になった商品です。
 軒樋も竪樋も廃番商品で部分的な交換補修はできない旨を、お客様に説明を致しました。
雨樋廃番
 よく見てみますと、軒樋がただ歪んで外側を向いているだけではなく、ところどころ亀裂も見受けられます。
雨樋廃番
 20数年前の新築時の軒樋としてはグレードの高い雨樋です。
 雨樋の交換の見積りを作成するにあたって、北側だけのお見積り(幸いなことに北側と南側の雨樋の縁が切れているので、北側だけの交換もできる。)と、南側を含めた雨樋全部の2通りのお見積りを提出する予定です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

樋外れる

 依頼のあった仙台市泉区のお客様の家に到着して、さっと家の周りを見てみましても、とくに雨樋がおかしいと思われるところはありません。