オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

南三陸町│雨漏りした屋根を既存瓦の再利用で葺き直し工事


南三陸町にて既存陶器瓦を再利用した葺き直し工事を行いました。

こちらのお客様から雨漏りのご相談があり、屋根を調査したところ、瓦のズレと防水シートの亀裂が雨漏りの原因と思われました。そこで防水シートの張り直しと瓦の葺き直しをご提案し、本日の工事となりました。

屋根調査の様子→『南三陸町│雨漏り調査(強風による瓦のズレと防水シートの破損が雨漏りの原因)』

工事前の屋根の様子(調査時)

強風による瓦のズレ
こちらのお宅は、海の近くにあり、海風が吹き付けるため、台風等の強風に煽られて瓦がズレてしまったのでしょう。
また、瓦を施工した当時の工法では瓦桟に瓦を引っ掛けるだけで現在のように釘で固定していなかったため、ズレやすくなっていたと思われます。
防水シートの亀裂
ズレた瓦の一部を剥がして調べてみると、2次防水の役割を果たす防水シートが破れていました。瓦がズレた箇所から雨水が入り込み、防水シートが破れていたため浸水してしまい、雨漏りを起こしてしまったようです。

既存瓦・瓦桟の解体

既存瓦を解体
早速工事を始めます。まずは今回葺き直す箇所の既存の陶器瓦を解体します。この瓦は、下地(ルーフィング、瓦桟)施工後に再利用して葺き戻しますので慎重に扱います。
防水シートに目立つ亀裂
瓦を解体すると、防水シートのあちこちに亀裂が入っているのが分かります。新しい防水シートを張るために、既存の瓦桟も解体します。
瓦桟解体完了
瓦桟の解体が完了しました。
溜まったゴミを掃除
ルーフィングを張る前に、何十年もかけて屋根に堆積した土やホコリを取り除きます。

新しい防水シート(改質アスファルトルーフィング)を重ね張り

ルーフィング施工
既存の防水シートの上から、新しい防水シート(改質アスファルトルーフィング)を軒先から棟に向かって張ります。
ルーフィング完了
防水性を高めるために上下は100mm以上重ね、タッカーと呼ばれるホッチキスのようなもので野地板に固定します。

瓦桟施工

瓦桟打ち
ルーフィングを張った後は、瓦を引っ掛けるための瓦桟を改質アスファルトルーフィングの上から野地板に釘留めします。瓦桟の間隔は瓦の働き寸法に合わせ、軒先と平行になるようにします。

これまでの瓦を再利用して葺き直し

瓦葺き戻し
先ほど解体した既存の瓦を、軒先から順に葺き直していきます。葺き直しの際は、瓦桟に引っ掛けた瓦をステンレス釘で固定します。
瓦の釘留め
これでもう強風で瓦がズレたり飛ばされたりする心配はありません。固定に使う釘は、後で錆びて釘割れを起こさないようにステンレス製の釘を使用します。
葺き直し完了
葺き直し工事が完了しました。
葺き直し完了
耐風・耐震性を向上させるために瓦桟に瓦を釘固定したので、強風に煽られてもズレる心配はなくなりました。
これまでの陶器瓦を再利用しているために、材料費も節約することができました。
(足りない部分は新品で補っているため、若干色が違っています。)

雨漏りの原因は様々ですが、今回のように要因がいくつも重なって起こる場合もあります。



雨漏り等でお困りの場合は、
街の屋根やさん仙台石巻店
📞0120-50-4778
までお気軽にご相談ください!屋根を詳しく調査した上で、お宅の屋根に最適な工事方法をご提案させていただきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

登米市│下地の劣化が原因で雨漏り、既存瓦の再利用で葺き直し工事

解体前北面で雪止落下
bcbeb0e77c141a9805dcbb76e23dc3d9
工事内容
屋根葺き直し
防水工事
使用素材
改質アスファルトルーフィング、瓦桟(防腐処理済み)
築年数
54年
建坪
保証
工事費用
46万円(足場架設費用別途・税別)
施工事例

石巻市渡波│台風19号被害を受けたカラーベスト、雨樋、破風板金補修工事

台風で被害を受けたカラーベスト屋根
カラーベスト補修完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
屋根葺き直し
雨樋交換
雪止め設置
防水工事
台風
アパート
使用素材
改質アスファルトルーフィング、カラーベスト、雪止金具、破風板金、軒樋、他
築年数
3年
建坪
保証
工事費用
11万円(税別)
施工事例

石巻市雄勝│台風の倒木により破損した屋根の葺き直し工事

復旧工事前の破損した屋根
瓦葺き直し完了
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
改質ゴムアスファルトルーフィング、三州陶器和瓦
築年数
約35年
建坪
約70坪
保証
工事費用
24万円(税・足場架設費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ瓦破損

女川町にて築50年以上経過したお宅の陶器和瓦屋根の雨漏り補修工事を行いました。こちらのお宅では、2階天井からの雨漏りでお困りだとご相談を受け、屋根の点検・調査を行ったところ、袖瓦が釘割れを起こしており、そこから侵入した雨水に長い年月をかけて...........

ケラバ瓦釘割れ

宮城県女川町のお客様より「2階の屋根で雨漏りしているので、一度調べてほしい」とのご依頼があり、屋根の調査に伺いました。こちらは陶器和瓦屋根のお宅で、築50年以上が経過しています。早速、2階の屋根に上り調査をします。

雨漏り調査の現場

本日は、南三陸町のお客様より雨漏り調査のご依頼を受け、お伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778