オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大崎市で購入した空き家中古住宅の屋根瓦の現地調査


棟瓦のズレ落ち
平屋の家です。

寄せ棟(四方向に傾斜がある屋根の形状)屋根の隅棟(隅に向かって斜め方向に傾斜している棟)部分の、のし瓦丸瓦が途中からズレ落ちています。

おそらく、東日本大震災時に落下したものでしょう。

7年前の東日本大震災以前から空き家だったらしく、瓦が落下しても補修などのメンテナンスは誰もしていなかったようです。
棟瓦のズレ落ち
下から(地上から)見ると、こんな感じです。

隅棟の途中から、のし瓦丸瓦 が見事にズレ落ちています。

ただ隅棟の下から3分の2くらいまでは土台のモルタルだけは残っています。

幸いなことに、このモルタルの土台だけはしっかりきれいに残っていたために、雨漏りなどはなかったようです。
野地板まで腐食
そのほかの箇所ですが、
この部分は桟瓦(平部部分に使用される通常の瓦)が一枚ズレ落ちして、しばらくの間(少なくとも7年以上)、そのままで放置されたままだったため、雨水等で下葺きのアスファルトルーフィングが劣化し破けて、野地板(屋根板のこと)まで腐食し、穴が開いてしまっています。

こうなってしまいますと、桟瓦を差し込んだだけでは解決しません。
この周辺の瓦を解体して(棟部分を含む。)大工さんに垂木(野地板を下から支える角材)等を含めて野地下地を直してもらわないと、瓦の納め直しができません。

軒先のズレ
軒先の部分ですが、真上からみると、全体的にずれているのがわかります。

この周辺はやはり一度瓦を剥がして、部分的に葺き直さなければなりません。


軒先のズレ
軒先の通りを横から眺めたものです。

軒先瓦(万十軒瓦)のでこぼこが多少あります。
ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんが……

お客様には瓦を部分的に一度剥がしてからの、葺き直しをお勧め致しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

登米市│下地の劣化が原因で雨漏り、既存瓦の再利用で葺き直し工事

解体前北面で雪止落下
bcbeb0e77c141a9805dcbb76e23dc3d9
工事内容
屋根葺き直し
防水工事
使用素材
改質アスファルトルーフィング、瓦桟(防腐処理済み)
築年数
54年
建坪
保証
工事費用
46万円(足場架設費用別途・税別)
施工事例

石巻市渡波│台風19号被害を受けたカラーベスト、雨樋、破風板金補修工事

台風で被害を受けたカラーベスト屋根
カラーベスト補修完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
屋根葺き直し
雨樋交換
雪止め設置
防水工事
台風
アパート
使用素材
改質アスファルトルーフィング、カラーベスト、雪止金具、破風板金、軒樋、他
築年数
3年
建坪
保証
工事費用
11万円(税別)
施工事例

石巻市雄勝│台風の倒木により破損した屋根の葺き直し工事

復旧工事前の破損した屋根
瓦葺き直し完了
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
改質ゴムアスファルトルーフィング、三州陶器和瓦
築年数
約35年
建坪
約70坪
保証
工事費用
24万円(税・足場架設費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏りした貸家

川崎町の貸家の屋根の葺き直し工事を行いました。こちらは築50年くらいのセメント瓦の屋根です。オーナー様より雨漏りのご相談を受け屋根を調査したところ、下地である防水シートの劣化が判明しました。今回の工事は、防水シートを新しいものへ交換するため...........

雨漏りした貸家

川崎町の貸家のオーナー様より、「貸家で雨漏りしているので見てほしい」とのご依頼がありました。早速、オーナー様立会いのもと、雨漏り調査を行いました。屋根材はセメント瓦で、築50年ぐらい経過しているそうです。

ルーフィング張り完了

登米市にて、築54年の瓦屋根の北面葺き直し工事2日目です。こちらは防水シートが劣化したため破損し、雨漏りしたため下地からの葺き直し工事を行っています。前回は瓦の解体から防水シート(改質アスファルトルーフィング)施工までを行いました。1日目の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778