オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東松島市矢本│カバー工法工事2日目(棟包み取付→完了)


東松島市矢本にて、2003年に起きた宮城県北部地震の後、ハウスメーカーで建てられた築16年のコロニアル屋根のお宅です。
「コロニアル屋根材が(劣化したため)落ちてくる」とお客様からご相談を受け、スーパーガルテクトで被せ葺き工事(カバー工法)を行うことになり、本日2日目の工事を行いました。

←1日目の工事はこちら
平部葺き終わり
前回の工事で、スーパーガルテクトの平部取付まで終わりました。

いよいよ工事も終盤!
本日は棟部を施工して完了の予定です。
棟部返し
まずは棟の部分に板金ばさみで返しをつけていきます。こうすることによって雨水の侵入を防ぎます。
こうした細かい手作業によって、後々の屋根の耐久性が変わります。
IMG_0355_R-1-columns3
棟包み板金を取り付ける木下地の取付をします。
棟のラインに合わせて両側にヌキ板(防腐処理済み)を固定していきます。
棟包み取り付け
取り付けたヌキ板の上に棟包み板金を被せて固定します。
棟包仕上げ
スーパーガルテクトは各部材とも同じ仕様で製造されているので、全ての部材が同じ仕様で納まります。
そのため、色のバラつきもなく、統一感のある美しい外観に仕上がります。
スーパーガルテクト大谷納め
大谷部です。
こちらもきれいに納まりました。
スーパーガルテクト被せ葺き工事が完了しました!
before1
カバー工法施工前
こちらが工事前。 スーパーガルテクトを被せる前のコロニアル屋根の状態です。
horizontal
after1
カバー工法完了
こちらが施工後。
きれいになりました。
これで屋根材落下や雨漏りの心配はありません!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏りした貸家

川崎町の貸家の屋根の葺き直し工事を行いました。こちらは築50年くらいのセメント瓦の屋根です。オーナー様より雨漏りのご相談を受け屋根を調査したところ、下地である防水シートの劣化が判明しました。今回の工事は、防水シートを新しいものへ交換するため...........

面戸漆喰について

女川町のお客様からのご依頼で、棟の面戸漆喰詰め直しとシーリング補強の工事を行いました。

雨漏りした貸家

川崎町の貸家のオーナー様より、「貸家で雨漏りしているので見てほしい」とのご依頼がありました。早速、オーナー様立会いのもと、雨漏り調査を行いました。屋根材はセメント瓦で、築50年ぐらい経過しているそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778