涌谷町│破風板・破風板金・雨樋の交換工事


破風板腐食
本日は、涌谷町の現場にて破風板金と雨樋の取り付けを行いました。こちらは、谷樋(大谷)からの雨水が軒樋(軒先部分の雨樋)からあふれ、あふれた雨水が破風板へ浸水して腐食し、破風板金と軒樋が固定できずに落ちそうになっていた現場です。

調査の様子はコチラ→『涌谷町│破風板の腐食は谷樋からの雨水のオーバーフローが原因でした。

今回の工事に入る前に、既存の破風板金・雨樋を解体し、腐食した破風板を撤去してあります。その後、大工さんの手により、新しい破風板を施工してもらっています。
破風板交換
こちらが大工さんに新しい木材の破風板を取り付けてもらった状態です。
破風板交換済み
谷樋の下の破風板も新しくしました。大工さんが破風板を取り付けた後、形状を採寸し、次世代ガルバリウム鋼板SGL(0.35mm)を加工して事前に新しい破風板金を作ってあります。
コーナー部分の破風板交換
本日はここから工事スタートです。
破風板金包み取り付け中
新しい破風板を施工したところに、次世代ガルバリウム鋼板SGL(0.35mm)を破風板金に加工したものを取り付けていきます。
今回、破風板金の素材として使用したSGL(次世代ガルバニウム)鋼板は、通常のGL(ガルバリウム)鋼板に比べて3倍以上の耐食性があります。
破風板金ジョイント部にはコーキング
破風板金を重ねて施工する箇所は丁寧にコーキングで防水処理を施し、雨水が中に入らないように細心の注意を払います。
破風板金包み取り付け完了
破風板金を取り付けた後です。精密に採寸してあるのでピッタリときれいに納まりました。
破風板金の取り付けが完了したので、次は雨樋の取り付けを行います。
軒金具、軒樋取り付け
軒樋(軒先部分の雨樋)を固定する箇所に、軒樋を固定する軒金具を取り付けます。その際は、外側の落し口に水が流れるよう勾配をつけてチョークラインをひき、それに沿って金具を取り付けます。金具を取り付けた後、軒樋を金具に固定します。
落し口を1つプラス
軒金具に軒樋を固定し、軒樋の取り付けが終わりました。谷樋の下に水が溜まらないように、倉庫の外側に水が流れるよう勾配をつけたのですが、念には念を入れ、コーナーの中央にも落とし口を1か所増やしました。
竪樋取り付け
落し口の下に竪樋を取り付けました。勾配に注意して軒樋を取り付け、さらに落し口を両端の2か所から3か所に増やし、2重の対策を施しました。
もう谷樋下のコーナー中央に雨水が溜まったり、あふれることはありません!
破風・雨樋交換工事完了
工事が無事完了しました。

これで、雨水が雨樋からあふれてきたり、破風板金の内側まで雨水が侵水して破風板が腐る心配がなくなりました!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市渡波│台風19号被害を受けたカラーベスト、雨樋、破風板金補修工事

台風で被害を受けたカラーベスト屋根
カラーベスト補修完了
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
屋根葺き直し
雨樋交換
雪止め設置
防水工事
台風
アパート
使用素材
改質アスファルトルーフィング、カラーベスト、雪止金具、破風板金、軒樋、他
築年数
3年
建坪
保証
工事費用
11万円(税別)

同じ地域の施工事例

施工事例

涌谷町江合川の地震で破損した塀屋根瓦補修工事

塀屋根施工前
塀屋根施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
瓦(和型)
築年数
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋・破風 調査現場

涌谷町のお客様より「倉庫の雨樋に雨が流れず、下に大量に水が落ちてきて大変です!」とお電話をいただき、早速お伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778