岩沼市│コロニアル屋根と破風板金の劣化でダンネツトップ4-1ワイドでの重ね葺き(カバー工法)をご提案


岩沼市のお客様より「屋根からコロニアル屋根の欠片が落ちてくる」とのご相談があり、現場調査へ伺いました。

ちょうど雨が降っていたので、浸水の状態も調べることができました。
コロニアル屋根の劣化
こちらのコロニアル屋根のお宅は、築34年が経過しております。屋根材もずいぶん劣化してきているようですね。
築34年のコロニアル屋根が劣化
逆から見たところです。
既存のコロニアル屋根材が黒く変色してしまっているのが分かります。
苔の生えたコロニアル
コロニアル屋根材の隙間から苔が生えてるところもあります。
このままでは雨漏りも時間の問題ですね。
亀裂の入ったコロニアル
コロニアルに亀裂が入った箇所もすいぶん見受けられます。他にも、割れて落ちてしまった箇所もいくつかありました。
コロニアルの亀裂から苔
棟付近のコロニアルに亀裂が入って、亀裂から苔が生えたり、変色したりしています。
釘の浮いた棟板金
棟板金は釘も浮いているところがあり、台風などの強風を受けたら飛んでしまいそうです。
錆びついた棟板金
棟板金は錆びもずいぶんと見受けられます。
軒天の木材が浸水
軒部分を下から見上げたところです。
軒天部分の木材に水が染み出した跡があります。
腐食していしまった雨樋
雨樋もずいぶんと錆びています。
特に軒樋の継ぎ目の部分には穴が空いていて雨水が漏れてしまっています。
腐食して変形した軒金具
こちらは軒樋を固定している金具が錆びて反り返っています。
このまま放置していたら軒樋が落下してしまう恐れがあります。
苔の生えた軒樋
雨樋の集水器付近には苔が繁殖しています。このままでは穴が詰まってしまいますね。
既存のコロニアル屋根材の状態ですと、既存のコロニアル屋根材を解体して新しい屋根材で葺き替えるか、既存のコロニアル屋根に新しい屋根材を重ね葺きするか、2つの工事パターンが考えられます。

 後日、お客様に2パターンの工事のお見積りをご提案したところ、費用負担の少ない重ね葺き(カバー工法)で施工することに決定しました。

工事内容としては、既存の棟板金と唐草を解体し、既存のコロニアル屋根材の上から粘着層付きルーフィング(田島社製タディスセルフ)を張り、その上からダンネツトップ4-1ワイド屋根材で重ね葺きをして、破風板金と雨樋を交換する予定です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

石巻市雄勝│台風の倒木により破損した屋根の葺き直し工事

復旧工事前の破損した屋根
瓦葺き直し完了
工事内容
屋根補修工事
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
改質ゴムアスファルトルーフィング、三州陶器和瓦
築年数
約35年
建坪
約70坪
保証
工事費用
24万円(税・足場架設費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破風板腐食

本日は、涌谷町の現場にて破風板金と雨樋の取り付けを行いました。こちらは、谷樋(大谷)からの雨水が軒樋(軒先部分の雨樋)からあふれ、あふれた雨水が破風板へ浸水して腐食し、破風板金と軒樋が固定できずに落ちそうになっていた現場です。調査の様子はコ...........

雨樋・破風 調査現場

涌谷町のお客様より「倉庫の雨樋に雨が流れず、下に大量に水が落ちてきて大変です!」とお電話をいただき、早速お伺いしました。

粘着層付きルーフィング張り完了

岩沼市の築34年のコロニアル屋根への重ね葺き工事2日目です。こちらは割れた屋根材が落ちてくる、というお客様からのご連絡で屋根点検を行った結果、コロニアル屋根材の劣化が著しく、ひび割れ・破損が多く見受けられたため、葺き替えかカバー工法(重ね葺...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台石巻店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-50-4778